遠隔治療 シンクロ 続き 可視化プロジェクト  遠隔治療

 世界的快挙かもしれない(勝手に自分で言っているが、これが実現できれば本当である)病気(喘息)治療プログラム
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/913.html 


このプログラムを実践したい人は当院を訪れて下さい。きっと良い結果が期待できます。

このプログラムは、喘息以外の病気にも効果があると確信しています。


以下の様な拍手コメントを頂きました。

吉田さん こんにちは
ブログで多くの事を学ばせて頂いています。ありがとうございます。

所で遠隔ヒーリングですが、料金を決められてもいいのでは。
以前、私も電話でのヒーリングを受けたことがありましたが、30分15000円でした。
だから、真剣に受けましたよ(笑)

余計なお世話と思いつつ
提案のひとつと受け取って下されば幸いです^^


私の答え

そうですね。でも今のところ、カネと関係無い事をしたいのでしばらくはこのまま続けたいと思います。依頼があるかどうかもわかりませんが。無料だと逆に依頼は少ないかも。ただ、本格的に商売をしている人には不評でしょうね。もし料金を決めるにしても、患者に決めてもらいます。払えるだけ払ってもらうとか。お金のない人は500円でも構いません。今は無料です。アドバイスありがとうございます。



○子さんからメッセージがありました。

お世話になります。

○子です。
吉田さん、本当にありがとうございました。3日から三男は少しずつ学校に行けるようになりました。表情が出てきて、普段の何気ない日常の会話にも答えられるようになりました。ただまだ学校に行くと緊張してお腹が痛くなるそうです。

そして、2時間ぐらいで下校しています。しかし、吉田さんの最後のお祈りの日、今日は不思議と学校でお腹が痛くならなかった。とうれしそうに報告してくれました。何か自信を持てたような表情が印象的でした。吉田さんがこの文章を見せて下さい http://p.tl/d8nP と仰っていた文章を見せたところ、うん、ありがとう。と神妙な表情をみせておりました。

講話抜粋

地球上のあらゆる動物の中で、

人間は、自分の精神を高めることのできる唯一の存在なのです
                  「理性のゆらぎ」 青山圭秀著 幻冬舎文庫より

 つまり、何故生きているのかという答えはこの言葉にありそうです。どれだけ自分の精神を高め、心を大きく深く成長させることができるか。それを経験により学ぶ為に生きている。

これが生きる目的(答え)なのではないかと思います。誰かとの競争ではなく、自分へのチャレンジ。それが生きる目的であると私は思います。

人目ばかり気にした小さな大人にならないで下さい。世界はもっと広いのです。考え方は自由です。自分を狭い人間にしないで下さい。自由に振舞って下さい。そして、自由に生きて行って下さい。そうやって自分に満足した人だけが、人に優しくできるのです。

抜粋終わり


本当に驚くほどのスピードで回復しております。だってつい2週間前までは高校卒業を諦めかけていたのですよ。表情がなくなり、問いかけにも答えられず、疲れた表情を見せており、寝てばかりいました。

学校へ行くとお腹が凄く痛くなる。そしてなぜかものすごく疲れると言っておりました。うまく表現できませんが、生命エネルギーみたいなものがすっかりなくなってしまったようでした。しかし今はしっかりと以前の三男に戻りつつあります。

まだまだ行きつ戻りつもあるでしょうが見守って行きたいと思います。そして、私の方も元気になり、ほわ〜んとした幸せを感じる事が多くなりました。ああこれ(吉田さんのお祈り)なのかなと思うことがあります。文章力がなく、自己嫌悪になりますが感じたままを報告いたします。

本物の治療をして頂きました。

本当に有難うございました。



私のコメント

良かったですね。もう大丈夫。○子さん。頭で考えず、ハートで感じて行動して下さい。いつも胸がじんわりと熱くなるような思いで考えるのです。そうすれば温かい心をいつも保てるでしょう。

いろいろなことがありますが、家族が健康で楽しく生きていることが一番大切なことではないでしょうか。


拍手コメント

中学校講和のお手紙 http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/932.html

2014/2/8 20:35

いつも拝見しています。 わたしの住む出雲は今、寒さのピークを迎えています。宮崎はあったかいんでしょうね。

私の周りにも病気を治したくないひとたちいますよ。 その方たちは体以外のところで、家庭や職場の人間関係の不和などの問題を抱えており、それを全面的に直視しなくても済むように、体のどこかに痛みや不調を作り出し、不安や恐怖やストレスを分散しているのでしょう。

だから病気が治癒し、身体的不調が消失してしまうと、本来の問題と直面せねばならないので、治ってほしくないんでしょうね。
からだの不調はこころや感情の反映でありますが、こういう側面もあるんですよね。

わたしは数年前にサラリーマンを辞めて、一人で仕事をするようになってとても健康になりました。

25歳のときになった「潰瘍性大腸炎」も自分のこころがそれを作っていると気づいときを境に完全に治癒しました。
一昨年の春、畜産や養鶏業の残酷なやり方を知って、その日からヴィーガンになりました。

 ベジタリアンにも飽きたので、そろそろフルータリアンに変身しようかと思っているこのごろです(笑)
吉田さんとこのブログのことはいろいろなひとに紹介しています。 出雲から宮崎はなかなか行く機会がありませんが、思い立ったら是非お会いしに行きたいと思っています。


私のコメント

遠方からの患者や来訪者は全て断ってきましたが、私のところへ治療に来られた埼玉のYさんのおかげで意識が変わり、遠方の方も断らないことにしました。

是非、会いに来てくださいね。楽しみにしています。

潰瘍性大腸炎は難病となっていますが、あれは嘘です。潰瘍性大腸炎は治ります。あなたの言う通りです。本人の業が作り出した病気です。うちにも潰瘍性大腸炎の患者がいますが、私の言うことを一切聞かず、自分の性格も顧みず、結局、薬漬けで悪化の一途を辿り、先日は入院しまいた。

人間は本当に愚かだな(弱いな)と思います。

私はブリサリアン(太陽を食べる人)を目指しています。要するに不食。

私のブログを紹介して頂いてありがとうございます。これからもご覧くださいね。


以 上


海藤さん

今日が最後になりました。10時にシンクロしましょう。先日はどうだったでしょうか?

良くなることを祈ります。私の言ったこと(ノニ断食など)も実行して下さい。


私は今日から3日間の断食に入ります。



10
タグ: 祈り




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ