生きる  社会

 仕事を終えて、いつものように(治療院の)玄関に椅子を出し、ビールを飲みながら空を見上げる。ここから見える空は広い。青空に雲が漂い、時折、右から左に左から右に飛行機が横切っていく。

 心地よい風、風に揺れる木々、虫の声、青空、たなびく雲、土の匂い、空に浮かぶ月、ビールを飲みながらこれらを五感で感じる。

 この時ばかりは生きていてよかったと思う。

生きているのは苦痛ばかりだ。何のために生きている。日本のため、家族のため、自分のため。何のためでもなく目的もない。ただ生きているから生きている。

 この世は欲にまみれた餓鬼の世界だ。地獄とはこの世のことである。生きる苦痛を死ぬまで味わう。

 私は、仕事を終えた後のたった一杯のビールの為に生きている。ささやかなもんだ。

7



2013/9/1  13:21

投稿者:元気

みーたんさん ∞tetsu∞さん

大丈夫です。乗り切れます。ぐるぐる思考は続きません。自分の力と時間が解決します。あわてないことです。

2013/8/31  12:51

投稿者:みーたん

発見の観察中は、まるで『メビウスの帯』の様に思考がグルグルします…。
非常に苦しい…。

腑に落ちない間は苦しい…。

破壊と創造の繰り返し…。

メビウスの帯を断ち切るのは、自分自身しか出来ないのだと思います。

慾の情報に溢れ、慾の世界の『普通』という馬鹿馬鹿しい基準の中で生活しながらでは、非常に苦しい…。

何が真実で、何が妄想なのか、分からなくなるね。

いつか断ち切る『体験』をされますように…。

意識の次元がチョイス出来るように…。


2013/8/30  7:58

投稿者:元気

∞tetsu∞さん

確かに平和で恵まれ過ぎている。でもそれは関係ない。戦争でも病気を持っていても、健康で病気を持っていなくても、苦しいと思っている人の苦しみは同じ。

苦しみが多すぎるというか、苦しいのが当たり前。苦しみを受け入れて生きる覚悟を決めるしかありませんね。

2013/8/29  19:37

投稿者:∞tetsu∞

光があるから影がある
両方必要

理屈では分かっているのですが、苦しみの方が多すぎて…

いや、考えが甘いのは分かってます

しょっちゅう戦争があるわけでもない、日本人に生まれたことは、ある意味ではとても恵まれている…

恵まれ過ぎて、贅沢言ってる…

でも、苦しい…

錯覚なんだろうけど…

抜け出せない…

ぐるぐる回るだけ…


2013/8/29  16:49

投稿者:元気

∞tetsu∞さん

労働そのものが”苦”。私は生きていること自体が”苦”。労働には恵まれている。自分のしたいことをしているから。人間は不思議なもので”苦”がないと”楽”を感じられない。”死”がないと”生”を感じられない。これらは表裏をなしており分けることができない。光には必ず影がある。昼もあれば夜もある。

苦しみながら一瞬の楽がある。それが生きていくということなんでしょう。

2013/8/28  16:55

投稿者:∞tetsu∞

労働そのものが、苦だと思います。

心から、この仕事は大好きで、幸せだ、と言う人が、世の中にどれくらいいるんだろう…。

負の連鎖で成り立ってる世の中、ため息でますね…。

労働から解放されたあとの自分自身の時間だけが、生きてる時間…。

それじゃあいかんのですけどね〜(^_^;

2013/8/26  20:55

投稿者:元気

みーたんさん

太陽光線がもたらす3次元の物質の反射を網膜で捉えて、脳内の化学物質が創りだす映像ということで何が実体かは全く分からないが、3次元に存在している以上は五感の監獄に捉われているので、一切は苦。ただし、このビールを飲み、自然とともに存在している瞬間は”楽”であり”喜び”である。これは瞬間であり、持続性はあまりなく、しばらくするとまた”苦”が訪れる。でもまれに快楽物質が多量に分泌している頭を持つ人に出合うことがある。そうすると一切は苦というのは間違いかなと思うことがあるね。世の中にはいろんな人がいる。私には”苦”がベースにあるようだ。

2013/8/24  21:36

投稿者:みーたん

暑いですねぇ〜。
夕焼けや雲の流れを観察しながらビールってイイですね。

一切皆苦…。

観察する五感があると『苦』かも…。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ