人殺し医療 ベンジャミン・フルフォード  医学情報

クリックすると元のサイズで表示します

何とも衝撃的なタイトルだが、驚くには値しない。そのまま事実が記載されている。残念だが、これが現実の世の中。

営利を追求すると、命より金が大切になっていく。それは当然の帰結とも言える。

この地球に生きるほとんどすべての人々が詐欺を行い、金を手にしなければ生きていけないというシステムになっており、金をたくさん集めた人が成功者と呼ばれる。

金を儲ける事それ自体がすでに詐欺行為である。

驚かなくていい。命より金(マネー)が大切なのが常識なのだ。そういう世界だ。

全米第一位の死因は「医原病」

(2004年 ニューヨーク州NPO法人「アメリカ栄養研究所」ゲーリー・ヌル博士)

第1位「医原病」年間78万3,936人。第2位 心臓疾患 69万9,697人 第3位がん55万3,251人。


私が考えるに、心臓疾患も薬物治療で悪化するし、がんも抗がん剤で殺される。ということを考えると、考えたくもないが1位から3位まですべて医療が原因の死亡者数ではないだろうか?そうすると年間200万人を超える。

日本では医原病は公式的には存在しないことになっているが、欧米型の医療を導入している我が国の死者数は推して知るべしである。

本書では、40万人から30万人前後と指摘している。

アメリカは公式に医原病を公表している。医療は崩壊して酷いものだが、正直である。日本は医原病など存在しない。隠蔽している。

全米で78万人と言うのはどのような数字か?

ちょっとした大都市が、毎年、一つ、医者によって消滅している。

500人乗りのジャンボジェット機が毎日、アメリカのどこかで4機、墜落事故を起こしているのと一緒。「病院」に行くということは、毎日、墜落するジャンボジェット機に乗り込むのと同じリスク。

誰がこのジャンボジェット機に乗るだろうか?ワクチンも同じで、1等賞は”死”であり2等以降は免疫系、神経系病気である。こんな宝くじをほとんどの人は喜んで買うのだ。

抗がん剤について面白い表現をしている。

抗がん剤とは「人を生きたまま部分的に殺す」薬である。

しかし、部分的ではなく完全に殺してしまうと言うのが正しい表現だろう。

現代医学とは何かという基本概念についてこう記載されている。

社会学者タルコット・パーソンズ


「患者は罹患した社会的責任を免責される代わりに、専門家(医師)の治療方針に隷属し、いかなる状態でも回復への努力をする」(病人役割説)

患者は医者の方針に文句を言う権利は無く、医者は少しでも可能性があるなら、たとえ危険な治療でも積極的に行う義務があると叩きこまれている。抗がん剤治療を医者も患者も拒否できないシステムになっているのだ。

病院に行くということは、奴隷になりますと宣言しているのと同じことである。奴隷はご主人様に逆らってはいけない。

医療被曝世界一の日本

定期健康診断による医療被曝は年間4ミリシーベルト。これが仕事を終える(定年まで何十年も続く)

フランスとチェコスロバキア(当時)の調査

中年男性、愛煙家6000人ほどを対象に、年2回のレントゲン撮影検査を3年連続で受けるグループと、受けないグループに分けて調査。

調査実施から3年後、追跡調査。レントゲンを受けたグループ341名死亡。受けなかったグループ291名死亡。受けたグループは受けなかったグループより50名も死亡者が多かった。

日本はレントゲン、CT大国。何でもかんでもレントゲン、CT。

1972年日本は健康診断が義務化されてから、1975年以降、男性の肺がん、肝臓がん、膵臓がんが急上昇している。胸部を中心にがんが急増し始めた。(グラフを見れば一目瞭然)。


製薬会社を中心にした医療マフィアのすそ野は広い。原発村と同じ構造である。誰もここに切り込めない。医療費はますます膨らみ、国民皆保険は破綻する。医療格差が生まれ、アメリカと同じように病気になると、破産して家庭が崩壊する。

歯止めをかけられるかは、”無知”の状態におかれている国民が医療の欺瞞に気づくことができるかということである。

しかし、私は悲観的である。多分気づかないね。気づいても原発と同じで押さえこまれる。

まあ原発の場合は、自らシステムが維持できなく(廃棄物の処理が不可能)なってきているので、再稼働は実際上無理になると思われるが。

そういう意味では、医療の方が庶民生活に深く浸透しており、じわじわと長い時間かけて効いてくるので(副作用が)破綻したころにはもうよくわからない。根深い問題だ。

薬物依存に陥っている方、陥らされていいる方、極力、本当に必要な薬だけに抑えて下さい。薬で長期間コントロールされている方は、薬を止めるのは困難かと思われます。

医薬ビジランスセンターの浜六郎医師はこう言っています。3種類以上の薬を摂取している方は(複合作用で)何が起こってもおかしくない。

薬は3種類以上飲まないことが肝要かと思われます。









12
タグ: 医療問題



2013/4/21  18:59

投稿者:元気

藤○洋さん

コメントありがとうございます。お仕事ご苦労様です。世間では、薬を飲んで徐々に悪化して行っても誰も文句を言わず。薬を飲まないと飲んでいればよかったと後悔する。というバカげた矛盾が存在します。統計学的にも、薬理学的にも、生理学的にも、薬を飲んだ方が長生きできるというメリットは全くありません。寿命が延びる薬は存在しません。しかも飲まなければ悪化しません。ですから、薬を止めた方が良いですよという言葉は正解です。でも、世間の人はそのことについて全く無知であり、他人に責任を転嫁します。自分の体なのに他人のせいにするなんて?と私は思います。

2013/4/21  18:53

投稿者:元気

○村さん

これだけ情報が溢れているのに、未だにワクチンが害だらけで、不必要なものだとわからない人がいることに唖然とします。しかも医療関係者で、ワクチンが安全だなんてどれだけ確信犯なのでしょうか?知らないとしたら深い洗脳状態ですね。ストレスをためないで下さい。

アクチンについては、田中佳先生のブログhttp://ameblo.jp/emkanayoshi/  内海聡医師のブログhttp://touyoui.blog98.fc2.com/  市民団体「No More ワクチン」https://www.facebook.com/nomorevaccine?ref=stream  為清勝彦氏 http://tamekiyo.com/vaccine.php などをご覧ください。他にも情報は溢れています。 御池癒されます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ