ジョン・レノンを殺した狂気の調律A=440Hz  宇宙 

「ジョン・レノンを殺した狂気の調律A=440Hz」(原題は「The Book of 528」と言うようだ)

クリックすると元のサイズで表示します

これは、さまよえるbitchhttp://pumipom.jugem.jp/?eid=584#commentsのぷみさんが翻訳して2月29日に徳間書店から出版した本です。やっと読み終わりました。読んでいて思ったのですが、翻訳家の方はその能力は素晴らしいなとつくづく思います。

これはきっと翻訳するにはとても難解な本だと思います。数字や図形に専門用語も多数出てきます。英語ができるだけでは到底訳せません。翻訳には英語が出来ると同時に幅広い知識が必要です。通訳も同じですが。

アメリカに留学した人を知っていますが、英語をしゃべれても中身が無ければそれはしゃべれないも同然だと思いました。それより、日本語と知識をつけろよって言うことです。しゃべれなくてもそちらが大切。後は、有能な通訳者がいればいいのですから。

さて、この本ですが、アメリカのレオナルド・G・ホロウィッツ博士の著作であり、ホロウィッツ博士は、公衆衛生、行動科学、振興疾病、自然治癒といった分野の権威として国際的に知られている方の様です。

他の著作を見ると、「新たなウィルス:エイズ、エボラは自然発生か、事故か、それとも人為か?(Emerging Viruses: AIDS & Ebola-Nature, Accident or Intentional?)」や9.11テロの3ケ月前に出版した「デス・イン・ジ・エアー:グローバリズム、テロリズムと戦争中毒(Death in the Air:Globalism, Terrorism and Toxic Warfare)」など興味を引く著作が多数ある。ぜひ、ぷみさんには他の書籍も翻訳して出版してほしい(勝手なお願いであるが)。

音楽の力は、言うまでも無く、日本でも軍歌などで戦意を鼓舞したり、愛国心を高めたりするのに使われてきた。現代においては、商業的な目的でコマーシャルで映像とともに購買意欲を高めるのに一役買っている。

純粋な音楽ビジネスでも、そこには金が絡み、一般的に売れている音楽は、その内容よりも心拍数に同調するような音楽が受けている(流行している)。

これはある意味お笑い芸人と同じである。だからすぐに消えていくものが多い。商業音楽に毒されていなかった60年代のフォークソングなどが良い曲に聞こえるのは、僕が年齢を重ねたからという理由だけとは思えない。今よりも、もっと反体制的だったり、無骨だったり、ストレートだったりしたという意味である。

ホロビッツ博士は、528Hz(一秒間の528回の振動の音)はあらゆるものを癒す(DNAの修復を行う)愛の振動であり、世界標準の平均調律、※ソルフェジオ周波数の「ソ」741Hz(平均律A440Hz:一秒間に440回の振動の音)は、528Hz(A441Hz)の音と不協和音を生じる音であると言っている。

※ソルフェジオ周波数とはソルフェージュ音階の事で、ソルフェージュ音階は聖ヨハネへの賛美歌などに代表されるグレゴリオ聖歌に見られる音階のこと。

参考)
壊れたDNAを修復する!?「ソルフェジオ周波数」と「528Hz」
http://getnews.jp/archives/132207

そして、サウンドエンジニアのマイケル・ウォルトンによると、人体中心部に存在する7つのチャクラの尾骨のチャクラを、C=528HzのスケールでチューニングするとF#(741Hz)は喉(意志)と心臓(直観)のチャクラを分断する位置にあると報告している。

ホロウィッツ博士は、741Hz(平均律=440Hz)のが世界的に導入されているのは、人間から超人的な直観力(古代人類が持っていた自然との共生)を切り離そうとする意図(マインド:精神に枠をはめて閉じ込めている)があると言っています。

ビートルズやジョンレノン、マイケルジャクソンはこれを(陰謀を)知っていた、この呪縛から人類を解放しようとしたので、暗殺された。

※陰謀論というのがあるが、僕は陰謀は人間として当たり前のことであると認識している。これは地域の集まりでも見受けられる。従ってあらゆる陰謀論を僕は馬鹿にしない。以下を見れば、ジョンレノンや、マイケルジャクソンの認識がガラっと変わるだろう。彼らはプロパガンダで攻撃されていた。

http://www.youtube.com/watch?v=bGITxfx76KM
ビートルズ解散の訳、ジョン、マイケルジャクソンの死因 アメノウズメ塾


528は数字としても物理学的にも非常に意味がある。ホロウィッツ博士はその根拠として、次のことを挙げている。一部だけ紹介。

●528が「万能の愛の定数」である証拠

528Hzの周波数は、
・オリジナル・ソルフェジオ音階の中心で奏でられる。
・パイ、黄金比、その他円、四角形、アーチなどすべての聖なる構造や、建築の基礎である。
・1マイルは5280フィートである。
・光の速さを決定するのに重要である。エネルギー、質量、光の全てに関与し、E=mc2{エネルギー=質量×高速の2乗}を形成する。
・色素のクロロフィルとして、植物界に広く分布するー草の緑色は528の色である。
などなど、多数。

数秘術などで3、6、8、9とか重要な数字が出てくる。日本では数霊占いなどがある。
これは占いではなく、物理学である。この人間界である3次元世界は、全てにおいて同じ法則で成り立っており、全体は部分に集約され、部分は全体を反映している。だから、どこもかしこも同じなのである。

僕は治療家であるが、何故、あらゆることを調べているかというと、それが人体を考えるときに役に立つからである。人体も自然も人間の経済的営みも、宇宙の法則も全部同じ働き、営みである。すべて投影されている。考えやすいのだ。

患者を観察していればわかる。何故、世間にごまんといる治療家が僕と同じところに行きつかないのかとても不思議に思う。

どこもかしこも同じでなければ、文学におけるあるいは宗教における比喩は成り立たないだろう。

話がずれてしまったが、ともあれ僕らは日常、いろんな音に囲まれて生活している。それは自然の音とは関係ない。人工的な音の中で生きている(他の要因もあるがここでは音にこだわりたい)。

これは現実と言えるだろうか?朝起きて、お気に入りの音楽を流す。車の中で、音楽が流れてくる。あなたの心はその世界に入ってしまう。そのときの気分を変化させる。パチンコ屋の前を通ると、軍艦マーチが流れている(古すぎる)。あなたの頭から軍艦マーチが一日中離れないことは無いだろうか?あるいはコマーシャルの音楽でもいい。

悲しい曲を聞くと、悲しくなり、楽しい曲を聞くと楽しくなる。昔の曲を聞き、過去の思い出に浸る。すでにこれはマインドコントロールである。コマーシャルは巧みにこれを利用し、あるいは、戦争では音楽で戦意を鼓舞し、ホラー映画では恐怖を煽る。目の前でまだ何も起きていないのに音楽(音)を聞いただけで、背筋が寒くなり鳥肌が立つ。これが人間の反応である。

そう、音楽は危険なのだ。僕は、この本を読んで本当に音楽の危険性を痛感した。あなたは音楽を聴いているうちに、感情をマインドコントロールされ、現実を生きていない可能性があるのだ。

昔、ギターを持つと不良だと言われた。ロックは反社会的な行為で危険だと見なされた。今でも社会主義や共産主義の一部の国では危険視されている。

想像して欲しい、戦争で殺戮を行う前のテーマ曲があるとしいつもそれが流れてから殺戮が起こるとしたら、音楽が流れるだけで失神してショックで死ぬ人もいるかもしれない。

自分の持っているアコースティックギターを528Hz(A=444Hz)に調弦し直した。DNAを修復するという528Hzの音叉を購入した。疲れた時に1人で聞いている。確かに心地の良い音で包まれる。ぷみさんによると、これをお風呂に入れて水で共鳴させるとよりリラックスできる様なのでやってみたい。

人体の70%〜80%は水である。今、音の話をしているのだが、水の研究で有名な江本勝博士によると、水は記憶をする媒体であるということである。これは考えてみると僕は納得できる。すべては振動であるので、振動を受ければあらゆる粒子は形をつくる。

この時、どうも良い振動と悪い振動があり、それは生物学的に本能に根ざしているので、聞いて心地よい音が良い形を作り、嫌な音は水の分子が崩れるのは納得がいく。嫌な音は人間を人間を警戒モードに導き、交感神経が緊張し体調を崩すのである。しごく当たり前のことである。

水の研究については、江本勝博士
水の結晶の正・負のエネルギーの影響
http://www.youtube.com/watch?v=mCHWoshp_uA



もそうだが、やはりビクトル・シャウベルガーの

「自然は脈動する」をお勧めする。

クリックすると元のサイズで表示します


「ジョン・レノンを殺した狂気の調律A=440Hz」(原題は「The Book of 528」

この本を読めばあなたの音楽に対する認識は大きく変わる。そして、あなたの楽器を528Hz(A=444Hz)に今すぐチューニングし直そう。

ホロウィッツ博士の運営する
528records.com
http://www.528records.com/
では、528Hzに変換された音楽が購入できる。自分のCDの変換も出来る様だ。

今すぐ、自分の周りを、愛の振動528Hzで包み込もう。

ぷみさん(渡辺亜矢さん)の翻訳書 「ジョン・レノンを殺した狂気の調律A=440Hz」徳間書店を強力にお勧めします。
 
15



2016/11/24  14:40

投稿者:911

Aを440Hzにした「純正律」で、Cはぴったり528Hzになります。
グレゴリオ聖歌も平均律ではなく純正律に近いですね。
とすると、528Hzが良いのは分かりますが、440Hzを悪者にするのは?ですよね。

2012/4/16  21:54

投稿者:元気

Kaiさん

調べれば調べるほど、上のごとく下もしかり、ということがわかります。この3次元の世界は、どこもかしこも同じです。全体は部分であり、部分は全体です。Kaiさんもこれから気づいていくと思います。コメントありがとうございます。

2012/4/16  14:19

投稿者:Kai

私も身体の治療を始めて数字に関する事を調べ始めました。言われている事がよくわかります。ありがとうございました(^^)

2012/4/15  11:57

投稿者:元気

ぷみさん

ありがとうございます。今後のご活躍を楽しみにしています。

2012/4/14  22:13

投稿者:ぷみ

超プッシュありがとうございます!
ギターを528にされたんですね。
その音で周りを包んでくださいー♪

http://pumipom.jugem.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ