抗生物質  医学情報

注)以下に記載されていることをそのまま信じないで下さい。私は了解していますが、皆さんに押し付けるものではありません。疑問を感じたら、ご自分で調べ、ご自分で判断下さい。あくまでもこれはひとつの情報にすぎないことをお断りしておきます。


抗生物質

言うまでもなく、抗生物質は風邪には効果が無い。なぜなら、ほとんどの風邪はウイルスによるものだからである。抗生物質とは、文字通り生物に対抗する物質のことである。つまり細菌に効く。ウイルスは、体内の細胞に感染しない限りは、核とタンパク質に覆われた単なる物質である。抗生物質は効かない。しかし、最近では、抗ウイルス薬その他も抗生物質に含むようになってきている。

ウィキペディア 抗生物質http://p.tl/umbs

一般的に、病院でもらう抗生物質は、細菌を対象としたものであり、インフルエンザ等の際に抗ウイルス薬が処方される。そして、抗ウイルス薬は、病院では抗生物質とは言わない。従って、未だに、抗生物質は細菌に対して使用されている。ここで言う抗生物質は、そういう一般的な抗生物質である。

さて、風邪(炎症系の病気には良く使用される)に抗生物質を使用する理由のひとつに、ウイルスには効果が無いが、細菌による二次感染を防止するために処方されているという。これも良く考えると意味不明である。そもそも、人間は常に細菌感染しているのだ。細菌と一緒に生きている。

抗生物質を使用するとどうなるか?その抗生物質のスペクトラム(効果のある)の範囲内にいる細菌は死滅する(病原性を示していない細菌も)。そすると、常在菌と悪玉菌(病原菌)の細菌叢のバランスを壊してしまう。細菌叢は絶妙のバランスをとっており、そこには、棲み分けがなされ、お互いに牽制あるいは協力して生活を成り立たせている。

争いは無い。悪玉も善玉も無い。あるのはバランス。これが崩れると病気になる。
抗生物質はそのバランスを崩すのだ。さらに、解熱剤(消炎鎮痛剤)が処方されていると、最悪の状態になる。熱が下がるため、代謝が落ちて、免疫力も落ちる。細菌、ウイルスは熱に弱いのに、熱が下がることにより、細菌やウイルスは活動しやすくなる。

おまけに、発熱39度で最強となるリンパ球などの白血球も働けなくなる。ここに、タミフルなどの抗ウイルス薬が加わると、さらにトリプルパンチに見舞われる。抗ウイルス薬は、ウイルスが増殖する為に利用するノイラミニダーゼ酵素を阻害する、これにより、ウイルスは感染した細胞から離れることができなくなる(死ぬわけではない)。

過去記事
タミフルの効果と安全に疑問:コクラン研究
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/662.html

人の免疫力を低下させる抗背物質の乱用
http://mediasabor.jp/2007/03/post_38.html

抜粋

医師や薬剤師なら知っていることですが、抗生物質は細菌には効きますが、ウイルスには全く無力です。

細菌は生物なので薬という「魔法の弾丸」で射ち殺すことができますが、ウイルスは生物と非生物の間、つまり「情報」のようなものなので、この方法が通用しないのです。

にも関わらず、わが国では病原がウイルスであるインフルエンザや風邪症候群に対しても安易に抗生剤が処方され、その使用量は他国に比べて突出しているのです。

抗生剤は病原菌だけでなく、体内のビフィズス菌などの有用菌をも皆殺しにしてしまうので腸内環境を悪化させ、病気の治癒に必要な免疫力を低下させてしまいます。

また、抗生剤を使い過ぎると、薬に強い耐性菌を生み出してしまいます。


抜粋終わり

抗生物質は細菌には効きますが、ウイルスには全く無力です。

抗生剤を使い過ぎると、薬に強い耐性菌を生み出してしまいます。

まさに、百害あって一利なし。というか、理論が破綻している。

乳酸菌のスペシャルリスト 飯山一郎氏http://grnba.com/iiyama/index.html#TOPによると、


抜粋

レストランもホテルも、食中毒事件を起こしたら最後、営業停止後も客は
来なくなる。ツブれてしまったという例も多い。
だから、どこも大量の殺菌剤を使う。ところがコレが曲者(くせもの)。
殺菌すれば病原菌も死ぬが、天敵菌も死滅してしまう。
ここに靴底に付着した大腸菌が侵入したりすると、天敵菌がいないため
一気に増殖! これは非常に恐ろしいことなのだ。
食中毒事件というのは、じつは、殺菌消毒のしすぎ、という例が多いからだ。
不潔っぽい場末の食堂に食中毒事件がないのは、雑菌(天敵菌)だらけ
だからだ。
ま、何が何でも殺菌と消毒!という考え方は良くない、つーこと。


抜粋終わり

全くその通りである。台所の衛生環境から考えると、家庭の方が厳密に消毒などしていないが、食中毒の発生は圧倒的に少ない。僕など家で食中毒を経験したことが生まれてこのかた無い。

生命の和を乱しているのは人間である。生命のきまりから考えると人間(自己喪失した調和できない人間)はいつか排除される。

細菌もウイルスも僕らも、みんなみんな生きているんだ、友達なんだ。

ここで、抗生物質がどれほど乱用されているかという僕の大切な友人たちの会話。

“以前知り合いが話したことなんですけど、子供が中耳炎を繰り返すので2週間おきに耳鼻科に通って抗生剤を出してもらって何カ月もずっと飲んでたんですって。
それだけでも驚きなんですけど、

あるとき病院を変えたら新しい先生から「お母さん、抗生剤は肉や魚にいっぱい入ってるから、普段の食事で十分摂れてて、わざわざ薬を飲む必要なかったのに」って言われて、
その知り合いは「な〜んだ〜そうだったのか〜早く言ってくれればよかったのに」って思ったって話だったんです。

落ちの展開の意外性にまさに鳩豆状態で、
一体なんと返事してよいのかとうまい言葉も思い浮かばなかったんですけど、
かろうじて「健康なのに知らないうちに抗生剤食べさせられるのって怖くない?」って言ったんですが、

それについてはあんまり気にしてないみたいでスルーされちゃって、
「だから子供が調子悪い時には早めに医者に行った方がいいよ」って言われました。
ちょっとした不調でも医者にかからなければ手の施しようがない、くらいに思ってるみたいですが、
その医者に頼ってしまった結果が今回の顛末なのにそれは気にしてない。
そして食べ物に抗生剤の話は疑問にも思ってない。”

“あるとき病院を変えたら新しい先生から「お母さん、抗生剤は肉や魚にいっぱい入ってるから、普段の食事で十分摂れてて、わざわざ薬を飲む必要なかったのに」って言われて、”


病気が蔓延している理由がここでさらっと話されている。抗生物質がバランスを壊しているのだ。ちなみに、防腐剤も多用(特に日本)されていて、特に日本人の死体は腐りにくいとも言われている。

“解熱剤って怖いんだよと言っても、熱が出ている方が怖くて耐えられない、下がるとホッとするっていうんです。”

これは良くある。アトピーなどもそうだが、解熱剤を使用し熱を下げたりステロイドを使用し、肌をきれいにしたり、子供の為にって言っているけど、僕は、嘘でしょうと言いたい。それはあなたが安心したいがために、目先を良く見えるようにしているだけでしょう。アトピーの孫に対する、おじいちゃんおばあちゃんの対応にも良くありがち、いくら説明してもすぐに綺麗にならないと気が済まない。それって誰の為?

“医療が必要な時、それは症状の重さとか関係なくて「誰かが不安を感じた時です」って。
子供が熱を出して、本人は大丈夫と思っていてもお母さんが不安になったらそれは医療(の出番)、

本人とお母さんがこれくらい大丈夫と思ってもばあちゃんが「座薬入れろ」っていったらそれは医療、家族全員大丈夫と思っていても地域の人が「予防接種しろ」って言ったら、それ
は医療。

逆にどんなに症状が重くてもみんな大丈夫、治ると思っていたら医療の出番じゃないって。
当たってるって思いました。“


本音を語る医者だな。でも、残念ながここまで説明しながら、この医者も一般常識的な医療の範疇から抜け出していない。

“** 家畜に乱用される抗生物質:制限法案に畜産業界は反発 **

ところが畜産業界では別のことが起きている。過密とストレスで悪化する感染症の予防や、家畜の成長促進のため、家畜の飼料に抗生物質が日常的に混入されているのだ。米国で使われる抗生物質の約70%は、健康な家畜に与えられている。[抗生物質を与えると、飼料が同じ量でも体重増加・成長が速くなるとされ、家畜の成長を促進するためにも添加されている(PDF)]”

個人が団体(企業)になると人間性を失う。このパターンで不幸が創りだされる。そして、不幸を創りだす側に加担した人々が、不幸になった時、被害者を強調する。

本当に不幸だな。社会が良くならないわけだ。

食べ物にも空気中にも宇宙にも情報が満ち溢れている。それを東洋医学では“気”と言った。

飲食物を食べることは栄養(ビタミンやミネラルやカロリーなど)を食べることではない。人間の身体はそんなものでは出来ていない。呼吸をすることは酸素を取り込むことでない。いずれも、この世界に溢れた情報を取り込んでいるのだ。呼吸も食事も会話もすべてが情報のやりとりなのだ。

この世界は宇宙とも繋がっており、そして違う次元とも繋がっている。そこで、あらゆる情報のやりとりをしているのだ。それは地球の裏側にいる人との情報のやりとりかもしれない。ブラジルで彼が吐いた息(情報)を僕は吸いこんでいる。あるいは、何万光年も離れた宇宙人の出した情報を吸い込んでいるかもしれない。

朝、お母さんが作ってくれたご飯はいくら、バランスのとれた食事を作ってくれても、そこにハート(愛情)の情報が無ければ、きちんと子供は育たない。言い換えると、多少、身体に悪い物でも、愛情いっぱいの家庭であれば、それは素敵な大人が育つだろう。

ごはんは栄養ではなく、情報なのだ。
20



2012/3/20  18:23

投稿者:みーたん

石鹸手荒いにも同じようなコトが言えます。

石鹸で手に付いた細菌を落とすと同時に、
皮脂まで落としてしまい、乾燥し、更に細菌が付きやすく、
傷も出来やすくなる。

そうすると、常在菌のブドウ球菌にさえ抵抗力をなくす。
真菌も増殖する。

スキンケアも宣伝を鵜呑みにしていては、
自己回復力を封印してしまいます。
原理、原則(バランスの法則)を理解せず、
エビデンスに頼ってはいけないね。

抗生剤で腸内細菌のバランスを崩すのは、
人間の無限の能力を目覚めさせない為の方法の一つかな?
腸内は、体内宇宙だし、
T細胞とT‐reg細胞の誕生と関係も宇宙なんだよね。(ウットリ♪)

貨幣経済では、ゆっくり休養を取るコトが、
”迷惑”なんだよ。
子供の具合が悪くても、看病の為に仕事を休むのは”迷惑”になる。
だから、『早めの受診』だって。
呆れるわ。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ