行動するな、団結するな、話し合うな!  社会

行動するな、団結するな、話し合うな!

大切なことは毎日、平和に生きる事。自分のすべきことを行い。自分の大切な人を幸せにすること。

情報に振り回されるな。情報はあくまでも情報でしかない。無視して良い情報も多い。どんなに重要な情報でも、知らんふりすれば何の意味もなくなる情報も多い。おおげさに騒ぐと、ますます大きな問題に思えてくる。そして、情報に振り回され、見えない敵と戦うはめになる。まさに“幽霊の正体見たり枯れ尾花”

情報は誰かが意図して流すもの、その意図の通り動いてはダメだ。情報が大切なのではなく、その情報に対する態度が現実を構築する。

行動するな。

行動を起こすことで、情報の罠にはまる。自分で動いているようで、実は操作されているということになる。

団結するな。

団結するとその間違った行動を強化することになり、そして、団体になると、気づいたときに修正がきかなくなる。団体で行動することは、結局全体の総意(団体以外の全体)ではなく、エゴのかたまりである。それは善意の押し売りになる。自分たちがいいと思っていることが、みんなにとっていいことではない。

話し合うな。

些細な問題ではないのに、話し合うことによって、問題を大きくしてしまう。そんな経験はたくさんあるはずだ。誰かが、これは許せないゆゆしき問題だと言いだせば、そう思い出す。そう思い出した人が集まれば、それはもっと強化されて、あることないこと想像して、それに対してなんだか、何かをしなければならないような気になる。それは間違いだ。それは自分の考えかどうかよく考えた方がいい。


行動したり、団結したり、話し合うと、ポジティブでアクティブな人の意見が強くなり、それに引きずられる傾向がある。積極的な人は、過激になりやすいように思う。振り回されないようにしなければならない。

行動するな、団結するな、話し合うな!

大切なことは毎日、平和に生きる事。自分のすべきことを行い。自分の大切な人を幸せにすること。それが大事なことだと思う。
 そんなアクティブな人の強い意見に引きずられて、もし、この社会が有事(戦争)になれば、犠牲になるのは、一般国民である。政治家も高級官僚は後ろで見ているだけなのだから、あほらしい。

 庶民の力はどこにあるか?それは、情報に踊らされないこと。意図した通り動かないと、だと僕は思う。そして、政治家と官僚に責任をとってもらう。僕たちの問題ではない。彼らの問題である。問題があるとすれば、それを選んだ僕たちや、選んだ政治家に先生、先生とすり寄り、遠慮してきちんと物を言わない庶民が悪い。

以上のことは、最近の日本を取り巻く状況を考えると、みんな振り回されておかしくなっているのではないだろうかと僕は思うので、書いてみた。もちろんいろんな意見があると思うが、振り回されたらダメだ。

中国にも、韓国にも、ロシアにも、アメリカにも良識的な考え方をする人はたくさんいるのだから、

振り回されないぞって、大人の対応をとれば、とるほど、相手の理不尽さが際立つはずである。

デモを行うなら、デモする相手を間違っている。中国の国民と張り合っても仕方が無い。中国の国民が悪いわけではない。日本と同じで政治家が悪いのだ。デモをするなら、国会議事堂に行き、政治家に、“もっとしっかりしろ、外交をきちんとやれ、国民を幸せにしろ”何やってんだ“とデモをしないといけない。怒る相手をみんな間違っていると僕は思う。

僕は、行動しないし、団結しない。団体(組織)にも加入しない。話し合わない。話し合ってもいいが、それは行動しない、団結しないことを前提にしなければならない。討論や議論はおおいに結構なことだと思う。

それじゃ何にもしないのかって?

僕のすることは決まっている。僕は身近にいる人を幸せにしたい。それが大切なことだ。

それと、みんな自分で考えよう。自分の考えている事は、正しいのか?それは自分の考えか?誰かにふりまわされていないか?利用されていないか?それを個人で訴えていきたいと思っている。

僕のスタンスは変わらない。
4



2010/11/9  16:29

投稿者:元気

菜の花さん

英語をしゃべらないといけない場面ができそうです。困ったものです。

http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1.html

2010/11/7  20:11

投稿者:菜の花

いや〜ん頑張ってる英会話だね。
頼れるよ元気君。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ