真夜中に  水彩画

スキンタッチ教室の原稿作成。寝ているときにアイデアが浮かぶのでいつも困る。さあ、寝よう。

 うちの親父ももうすぐ、喜寿。歳をとったもんだ。日頃、話もせず、感謝の言葉もほとんど言ったことがない。というか、面と向かってはなかなか言えない。今までいろいろあったし・・・。年老いた親をみて、もう恨みはないことに気づいた。(ものすごい喧嘩をしてから)やっと許せるようになった。(思いっきり対決してみるのも一つの手段かもしれないが、ちょっとひどいことを言ったことがあるので、後悔していることもある。でもこころをぶちまける必要もあるのかも、この喧嘩により、関係が良くなった)

というか、ものすごく悩みの多い人生だったが、これはきっと学びだったんだと、逆に、最近になって感謝の心が湧きだしてくるのは、我ながら不思議なことだなと思う。

 面と向かって感謝の言葉は言えないので、絵にしてみた。こういうときは便利だ。そして、英語で感謝の言葉。英語なら書ける。ちなみに、僕の親父は英語の先生だった。
クリックすると元のサイズで表示します
1



2010/3/17  23:01

投稿者:どんぐり

こんばんは。

色々活動的にされているみたいですね。とても素敵な事だと思います。
それと「こころの居場所」とても大切なことと僕も思います。
いい「言葉」学びました。僕もそんな場所がたくさんあればなあと思います。これからもお互い頑張りましょうね。

追記 

希望さんは埼玉在住の女社長さんなんですよ。(フラダンス大好きの方です)先日 元気さんの横にいらっしゃった方はkazumiさんです。
彼女もフラダンス、ウクレレ大好き女性です。

http://blog.goo.ne.jp/takumiaoigoo/

2010/3/15  23:39

投稿者:元気

どんぐりさん

 早速、訪ねて頂いたのですね。ありがとうございます。

 僕の目的はひとつ、”誰でもが自由な居場所をつくること”どうすればそのような場所を作れるのか?そればかり考えています。居場所があれば、苦しいことも乗り切れるはず。社会を変えることはできないが、その存在を肯定できる場所があれば、その本人の見える社会は、今と違った世界にみえるはず。社会を変えるのではなく、個々人が存在を肯定的に確認できることにより、成長して変わる。結果としてきっと心地のいい世の中ができるはず。

 僕は今まで、世の中を変えないといけないと考えていた。何かをしないといけないと、でも、世の中を変えようなんて考えが間違っていることに気がついた、変えようとした時点で、それは単なるエゴだと。誰にとって良い世の中?それは単なる自分の理想の押し売りでしかない。

 そうではなくて、今を肯定できる場所を作ることで、見える景色が変われば、きっと社会は住みやすくなる。そして景色が変わって見えること、それを成長という。

 そのような場所を作りたい。

 ブログ拝見させて頂きました。こころがホッとする。僕にはないやさしいブログですね。是非、リンクさせてください。そして、希望さんは、僕の隣にいた素敵な女性のことでしょうか?

 またお会いできることを楽しみにしています。今後ともよろしくお願いいたします。またブログを見に行きますね。

宮崎こころリンクhttp://kokolin.web.fc2.com/は、こころの居場所を作る事業をしています。都城は、僕にお問い合わせください。

http://www.btvm.ne.jp/~himawari/index.html

2010/3/15  22:23

投稿者:どんぐり

こんばんは。 初めまして!

先ほど宮崎こころリンクにてお会いしたマスクをしていた「どんぐり」といいます。

素敵な水彩画を描かれるのですね。すごくご両親への愛情が伝わってきます。僕も絵を描くのですが昔「絵本作家」になりたかったので幼稚な絵しか描けませんが・・・

これからも末長くお付き合いください。よろしくお願いします。

僕も一応ブログをしています。不定期更新ですがお暇なときに遊びにきてください。

今日はお疲れ様でした。

追記 僕のブログにリンク設定させてもらっていいですか?

http://blog.goo.ne.jp/takumiaoigoo/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ