陰謀論は存在しない。皆さんが理解すべきこと  社会

ひとつ、皆さんが理解しておかないといけないのは何かというと、

権力者という人々は僕らとは全く違う視点を持っているということです。(読み進めると私達も結局同じであることに気づきます。しかし・・・)

そしてその権力というものは昔から、血統、血族、世襲であるということです。

いやそれは陰謀論だと言う人もいるかもしれません。しかし、社会を見てください。それは陰謀では無く、それが現実に存在しているでしょう。

その人々は絶対的権力を古代から維持している(これは陰謀論ではありません事実です)ので大衆の視点とは全く違います。もちろん彼らの中でも権力闘争や悲惨なことが多数あります。

彼らは高い知能と知識と技術力を持ち、その権力で権力階級の中で大衆には秘密としていることが多数あります。

実際、あなたはその社交界には呼ばれることもありません。その会議にも出席できません。身近な例では、あなたが会社の重役で無い限り、会社の役員会に呼ばれることもなく、VIP室に入ることも出来ません。

これは陰謀論や都市伝説ではありません。単なる会社員であるあなたはその会社の重役が何を話し合っているか全く知ることはできません。

しかし、あなたがかなりの知識と知能と創造性を持っているならば、その秘密に触れることが出来ます。

なぜならトップシークレットであっても、彼らはどこかで話したり、書籍に記載したり、誰かに話すからです。どうしてそのような事を漏らすのかというと、いくつかの理由があります。

@話したところでどうせ大衆には理解できないだろう。

A支配階級であってもこれはダメだろうと漏らす。B意図的に漏らし、真実を覆い隠す。

C知れたところで力で押し切る。

他にもあるでしょう。

そして権力階級はあらゆる人間の行動を知り尽くしている(これは凄惨な実験や研究によりすでに人間というものの分析は完了している)のでコントロールの方法を知っている。

人間はどんなに理不尽に見えること思えることでも、少しづつそれを受け入れ、それに適応し行動する。いずれ異常なことも正常なこととして受け入れるロボット(反応する機械)に過ぎないと考えています。

だからその過程で適応できない人は淘汰(死ぬ)されるのでそれはどうでもいいのです。

皆さんは自由自在に操れるロボット(機械)にすぎないのです。

悲惨な状態に陥る人をを可哀そうだとか考える思考は全くありません。現に政治家は痛みを伴う改革をとか、大鉈をふるう時には多少の犠牲は仕方が無いと考えています。

大衆もそれを望んでいます。社会を維持または変革するには多少の犠牲は伴うものだ。そう考えています。

だから実際は、それは本当に悲惨であり残酷であっても大衆は見て見ぬふりをします。

もし、致死的な感染症が人類の間で発生した時には、きっと鶏舎をあるいは家畜を処分した時のように人間が人間を処分するでしょう。(実際はそんな致死的な感染症はありません。もし発生した時にはすべて計画され人為的に行われます)

理解できないと言っている場合では無く、皆さんも同じことを家畜やゴキブリや蚊などに行っています。

あなたの家にネズミがいたら、ゴキブリがいたら、害虫がいたら、蟻がいたら、同じことをするでしょう。

それがこれから行われるSDGsです。皆さんは害獣や害虫に過ぎないのです。

結局同じ思考なのです。

僕は、その思考から抜け出しましょう。機械から人間になりましょうと言っており、本質に気づきましょうと。

これは僕が正しいとか、僕が正義だとか言っているのではありません。僕には正義という思考はありません。常に本質的なところを探しています。

この記事を読んで、皆さんが考えたらいいのです。答えはどこにもありません。
全ての答えはあなたの中にあるのです。

ひとつ注意点を記載しておきます。この記事を読んでも、決して罪悪感を持たないことです。

罪悪感。これが人類にかけられた最大のマジックです。このマジックを解くことです。

大切なのは何か?は僕の過去記事を良くお読みください。


拍手コメントの方へ

対談ライブ楽しみにしておいてください。放送禁止にならないように話したいと思います。
5



2022/2/22  12:31

投稿者:太平仙人

『機械から人間になる』その通りだと思います。しかし、今の世は機械が人間をバカにし、機械のまま永遠にこの世いたいという者達ばかりです…。
もう大人や老人は強烈な体験が無い限りロボット・ゾンビのままです…。
何とか子供達を救うということが自分がやるべきことと考えています。
自分に何ができるのか…?
最近はそれをいつも考えています
先生のような本当の意味で人を救える方を尊敬しています!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ