B迷走神経〜思いやりが心と身体を癒す  医学情報

この本の著者は化学者であり聖職者であることから、この本には聖書の引用が多数ありますが、聖書について私は読んでいるものの全体については詳しく理解できていないので聖書の引用については省いてあります。

迷走神経〜思いやり(慈愛)のポータル(入口):私達の精神と神とをつなぐ解剖学

Vagus Nerve Compassion Portal:the anatomy of God's link within our spirit
by Carl Armstrong

以下は本の内容そのものを掲載している訳では無く、吉田理論と融合しています。吉田理論は現代の科学的根拠や現代医学とは一切関係ありません。私達の生において実践できることを主眼としています。

チャールズダーウィン
「ディセント オブ マン」にて以下のように述べた。

“同情は私達の最も強い本能で在り、時には自己利益よりも強い。そしてそれは自然に広がるだろう。最も同情的なメンバーがもっとも繁栄し、最も多くの子孫を育てる為の選択である”

これは人間に限らず哺乳類の行動に見られる。おそらく爬虫類や魚類、微生物、植物に至るまで観察される行動である。

この意味するところはこの記事を読んでいくと判明することと思う。

「研究において、参加者に苦しみと苦痛の写真を見せ、これらの画像が迷走神経を活性化することを発見した。例えば祖父母が亡くなったと言う悲しい経験について、あなたに話した場合、迷走神経が発火します。思いやりを感じるほど、迷走神経の反応が強くなります。」
迷走神経は、思いやり、共感、慈悲、慈愛、そして愛に反応する神経です。

迷走神経を発火させるには、あなたは思いやりや共感、愛を感じることです。そうするとあなたの自律神経はバランスを取り戻し、あなたの病は癒されることでしょう。

まだまだ続きます。


追記

僕達に最も必要なのは、思いやりと共感、慈しみそして愛です。これが自律神経を整え肉体と精神のバランスを保ち、魂を宇宙へと解放します。そして幻想として植え付けられた恐れ、恐怖が消滅するのです。その扉が迷走神経から松果体へと続いています。私達はこのことを隠されています。まさに今気づくときです。


大平仙人さん

まだまだ続きます。


myuu
2022/2/7 19:00
マイナス思考をプラスにしなさいと常に親に言われ、その考え方が嫌いでした
私も交感神経優位と教えて頂きましたが、この性分はリラックスを頑張ってしまうんです
頑張る時点でリラックスじゃなかった
記事の続き楽しみにしています 


返事

マイナス思考をプラスにしなさい。これは交感神経を副交感神経にしなさい。あるいはその逆にしなさいと言っているのと同じです。自律神経は自律しておりコントロールできません。ストレスになるだけで無駄なアドバイスです。

そのことが僕は明確にわかりました。

ですから、よく言われる感謝しなさいと言うアドバイスも本当に無駄です。

感謝しなさい。多くの人はこの言葉が良い言葉と思いながらも、なんだか腑に落ちなかったのではと思います。

あるいは”うるさいな感謝を要求するなよ”となるのです。

理由は、この言葉の裏には感謝が足りないという言葉が隠れているからです。感謝を求められているのです。感謝しなさいと言う言葉は言うもの(言われるものでは無く)では無く、感謝は内から湧き出るものです。

感謝しなさいと言う人がおかしいのです。

内から湧き出る感謝は迷走神経の働きです。僕たちがコントロールできるのは迷走神経です。思いやりと共感と愛の神経です。

これが自律神経を整えるのです。
9



2022/2/8  1:16

投稿者:太平仙人

今日、トーマスりかさんという霊能力者の方のブログを見ており、悟りの境地に達したこの方は、現世への執着がなくなり霊体と肉体が分離していく=死を迎えようとしていたとのこと。

しかしお子さんがいらっしゃるので「死にたくない」という気持ちが起こり、いろいろ試したが上手く霊体と肉体がつながらない。

そんな中、友人の「優しさ」によって何故か霊体と肉体がつながり助かったとの話しがありました。

吉田先生のこの記事とも関連が深いように思えます。

非常に素晴らしい記事をありがとうございます。

https://rikathomas.hatenablog.com/entry/2020/04/11/121404


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ