経済システムのマジック  社会

今の経済システムでは景気が良くなろうが悪くなろうが借金(負債)は増え続ける。これは大衆にかけられた大きなマジックの一つである。

孫の代まで借金を背負わせてはいけないから消費税を上げなければならないと議員も庶民も言う。

それなのに景気を良くしてくださいと議員さんにお願いする。

その肝心の議員さんは消費税上げないと国民一人当たりの借金は返せない、だから消費税を上げることはやむを得ないと消費税増税の政策を推進します。

大衆はその税金がどこに使われているのかという問題は全く考えもせず(批判している人はいる)仕方が無いと諦めてそれを認め議員さんを応援します。

かくして国の借金は膨らみ続け、大衆はあなた方は国に要求ばかりする。それでは国がやっていけなくなるので多大な借金を背負いました。国民一人当たり800万円とか1000万円(983万)の借金ですよと脅かします。

しかし、実際はあなたは国に983万円の借金などしていません。それは国の借金です。

いや国の経済安定の為に創った借金だから個人の借金だとすり替えられています。

これはマジックなのです。

国が印刷する貨幣の量と実際に市場に出回るお金の量はイコールではありません。

イコールにならないのは、刷ったお金よりも流通するお金の方が圧倒的に多いからです。

それは何故かというと、銀行は保有しているお金よりも例えば10倍を貸出出来る上にさらにそれに利子をつけることが出来るからです。

銀行に100万円あれば1千万円貸せるのです。これは存在しないお金です。

これは信用創造というシステムです。例えば皆さんが家を購入する時に一括に支払う現金がありません。しかし、銀行からお金を借りて家を購入することが出来ます。

一千万円銀行から借りてローンを組みます。その際、現金として1千万円の現金を借りている訳では無く、書類に1千万円と記載されてあなたの通帳から毎月お金が引き落とされます。

銀行はただ書類に1千万円と記載するだけなのです。この際、銀行はお金を一切貸していません。しかし、あなたはもし返せない場合の補償として何らかの担保を取られます。

つまり銀行は何も貸していないけれど、あなたが支払えなくなるとその担保を収奪されるということです。

そんなの当たり前じゃんと言うかもしれません。そうです。その借りていないお金は実際に通用し家と土地が手に入ります。

しかし、ローンを支払うまではその土地は名義上あなたのものであってもあなたのものでは無く銀行の所有物です。

そして驚いたことに銀行は一円もお金をあなたに貸していないのです。お金を貸していないけれど支払えなくなるとあなたの家も土地も取り上げられます。

無から有を生み出すシステム。これが信用創造です。ですから銀行はもしあなたが支払えなくなっても一切損をしないのです。

しかしながらこれが法的に認められ経済が成り立っているので現実にそうなっているのです。

このシステムで経済は回ります。ですから経済を良くすると借金は増え続けます。孫に借金を残さないようにと願っている人は経済を良くしたらいけません。

景気が良くなると皆お金周りが良くなり、お金を使い始めます。企業は大きな設備投資を始めます。個人企業も個人も投資をはじめそのためにお金を銀行から借ります。銀行は多くの人がお金を借りてくれるためにお金が動き出し利子や運用でお金を増やしていきます。

これは実体のないお金です。

そうやって借金だらけの好景気になります。やがて限界を迎え景気が後退しはじけて不景気になり多額の借金が残ります。

こうやって借金が膨らみ、消費税やあらゆる税金が高くなります。ですから、消費税はこの繰り返しをしながら永遠に上昇し続けます。

これが増税の仕組みです。今のシステムでは皆さんがいくら緊縮財政で我慢をしようが税金は上がり続けます。

つまり景気が良くなり借金が増え、景気が悪くなり増税が始まり、また景気が良くなり借金が増えて景気が悪くなり増税が始まる。

要するに景気が良くなろうが、悪くなろうが借金は減ることなく増えるばかりで、増税しかないということです。

このシステムでは我慢をしても孫に負担をかけることになります。あるいは孫の時代にはもう崩壊していると思います。

崩壊した方が良いかもしれません。なぜならシステムの変更を余儀なくされるからです。

では皆さんが借金を返済するために我慢したとすれば、お金は市場に全く出ず景気は下がり続け、少しづつ返せたとしても、経済システム自体が借金で成り立っている(好景気は借金で成り立つ)のでもし借金を返すと、なんら景気を上げることも無く、ただお金が消えていくだけになります。

お金を返すという事はなんら生産的でなくただただお金が返した分だけ消えるだけです。

つまり現代の経済システムでは借金とは資産だからです。お金を返すと資産が減るということです。

借金でお金が増えるのです。簡単に言うと借金が増えるから儲かる人が多数いると言うシステムです。

だから孫まで国の借金を負担させたくないと言うのであれば、今の経済システムを変えなければ無理です。

そういう話をしたところ、吉田君の話は全く分からない。現実にそうなっているので消費税やその他の税金を今後増やしていかないと孫に迷惑がかかる。そういう世の中にしたくないと言うのです。

僕は、そういうことをしていると孫に負担が行きますよ。所費税を上げると解決するとか、ずーっとやっていると解決するどころかもっと借金が増えているでしょう。

消費税やその他の税金をもっと減らして、みなさんの負担を減らし市場にお金が流通するようにすれば経済は回復する。借金はお金を大量に刷って一度チャラにすればいい。

そういうことをしながら経済システムの見直しを日本中の経済学者やその他識者を集めて考えていけばいいのではないかなと言っているのです。

しかし、そんなことがあるか。お前より頭のいい人が考えているんだから、そんなことお前が考えても無駄だと。

僕は自分が正しいとか主張しているわけではないのだが、何故かお前はおかしいと周りの人は僕を説得しようとする。

こうやって僕は無駄なことをしたなと悟るのです。ちなみに僕は何とも思っていません。ただ話をしているだけなのです。

そうやって、その人たちは既存のシステムを動かし続ける。だからやはり自然に崩壊するのを待つことが答えです。

だから崩壊する世界の中で自分の大切な人を守りながら崩壊から創造に向かうのです。

マジックを解くには崩壊しないと解けないようです。崩壊は創造です。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ