第6波  社会

今日現在、日本全国の343人。これは完全に終息したと言える。

というかこれを終息と言わず、一体いつ終息と言うのか。全く意味不明だ。

そして次は第6波を予測(予定)している。気を緩めるな。

そうして選挙が終われば増やす予定だ。もし終息したら政治的に面白くないし、政治家も製薬会社もまだ利権を貪りたい。

もっと言うと資本主義を終わらせて新しい主義(制度)に移行するという大きな目標(目的)がある。

大衆も退屈な依然の生活には戻りたくない。怖いけれど新しい世界にワクワクしている。

専門家は言う。風邪のシーズンに入るので警戒する必要があるとのこと。

新型の風邪は季節性では無くずっと存在しているのでは無かったのかね。今までも、もともと風邪は一年中あるのだ。ただポリメラーゼのテストをしていいなかっただけ。

もし、毎年、検査していれば、第何波でも観察できるだろう。

あとは後遺症を信じ込ませて心理的にそれを確信させれば良い。

そうすれば存在しない(いや今まで存在した風邪のパッケージを変えれば新発売だ)新型の風邪の出来上がり。

風邪のシーズンだから第6波というのは全く理屈が成り立たない。

新型の風邪は季節は関係ない。そうだろ。

そもそも対策の全てが何一つ有効なものが無く、第5波まで来ている時点で
何が起こっているのか理解できない人が多いのが問題であり、新型の風邪は問題では無い。

第6波を予想している時点で、これは人工的に起こしますよという計画です。

断言しておくが、第6波がもしあれば、それは間違いなく意図的に起こしているのであり、これにインフルエンザが加われば決定的である。

こうなればウイルス干渉という理屈も覆すことになる。

もし、今季インフルエンザと新型の風邪が同時に流行したならば、2020年のインフルエンザ激減は全て嘘になる。

大衆は深いマジックにより眠らされている。このマジックはあまりにも深く気づく様子も無く、証明書という制限と自由を取引して、バタリゲージに自ら進んで入居して、そこを安全と思うようになる。

そこは窓の無い鶏舎だよ。

制限されて喜んでいる様は、もはやSMクラブのようだ。

善人の正体はマゾヒストとサディストだったね。きっと退屈でたまらなくて人を苛めたり、いじめられたりする刺激を求めているんだろうね。

命を大切にという偽善の言葉で自らを偽る。人の為にというのは、偽りという言霊なんだよ。

だから人間はいつまでも不幸なんだね。


ファイザー製ワクチン、追加接種で有効性95.6% 新型コロナ 

https://news.yahoo.co.jp/articles/04f1fe37b1a5f7a66ecee6081de50018c102c559?fbclid=IwAR33lDaxn-FsFKREqmg_hOOia5gcW-Q5HF8Q83wB-Oufl2T52usXJqoT2rc

またデマがまかり通る。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ