ゼロになっても気を緩めるな  社会

2020年4月 空母セオドアルーズベルトのほぼすべての乗組員約4800人が検査を受けた。約4800人のうち840人の陽性者(17.5%)、60%は無症候、死亡1人。重症化した人無し。

ほぼ同じ時期、ダイヤモンドプリンセス号、乗組員3711人のうち陽性者712人(19.2%)、46.5%無症状。4名死亡。

セオドアルーズベルトの軍人はダイヤモンドプリンセスの乗組員とは年齢層が違い、高齢者よりはるかに健康なので17.5%と19.2%の陽性率の違いが出た。

しかし、このことからわかるのは、密集した閉ざされた空間においても感染力は非常に弱いこということである。

この時点ですでに判明していたことであり、あとは嘘のつき放題で現在に至る。

今日は感染者(陽性者)が日本全国で391名。これは発症者では無い。

これを終息と言わず、次の第6波に備えて気を緩めるなと専門家や国は言う。
きっとゼロになってもこう言うはずだ。

”気を緩めるな、風邪はいつ流行するかわからない。薬を打て”


人類「Co2減らさなきゃ・・・」阿蘇山「噴火ウェーイCo29999億トン)」http://chaos2ch.com/archives/5292721.html
これはワロタ。人間よる地球温暖化の嘘がバレタ。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ