肩甲骨と首の凝り  鍼灸

気が見える彼女は、肩甲間部と首の強い凝りで当院に来院した。

僕を見て彼女はこう言った。

先生は蟲師の主人公に似ています。

僕は蟲師を知らない。最近ネットフリックスで観た。なるほど、蟲師か。

確かにそうかもしれない。僕は物心ついた時から本当にスピリチュアルだった。

それは3年前だったか4年前だった。決定的なものを見て確信した。

なるほどそうだったんだ。子供の頃から今まで考えると本当に生きているのは幻想的というかマジカルだと。

僕は未だに現実である現世とそれ以外の世界との区別がつかない。というかますますその他の世界が見えてくる。

放っておくとそのまま領域を超えてしましそうになる。

そしてこの世界がとても美しいことに気づく。

その間(境界線)に僕は浮かんでいるのだよ。

僕を蟲師だと言った彼女は元気になり福岡に向かった。きっと気の使い方も上手くなったはずだ。


クリックすると元のサイズで表示します


拍手コメントの方へ

僕の叔父は西式健康法の治療院を経営していました。西勝造先生と甲田先生から学び、僕の育った家庭は子供の頃から西式健康法で、家では毎日生野菜、温冷浴をして家に西式の機械があり(これは今でもあります)、金魚運動やゴキブリ体操、合掌がっせき、さらに毛管運動をして病気を治して育ちました。

20歳の時には断食を一ケ月しました。

西式健康法は毛細血管を開くのが大切だと言います。

胃腸の悪い患者さんは、子供のころの手術の失敗により腸が癒着して消化が本当に上手くいかないので西式は無理だろうと考えていましたがまた考えてみたいと思います。

いつもありがとうございます。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ