パンデミックはどこに起きたのか  社会

私がいつも述べている様に、新型の風邪は全くパンデミックを起こしておらずパンデミックが起きたとされる2020年の新型の風邪による死者は厚生労働省の公式なデータ人口動態統計によると年間死亡者3446人に過ぎない。
私がここで最も強調したいのは以下のことは厚生労働省の公式なデータに基づくということである。
しかも、この3446人のほとんどの死亡者が重大な基礎疾患を抱えた高齢のいわゆる寿命に近い“お年寄り”であり、従来であれば死亡診断書の診断名は腎不全や心不全などの基礎疾患名で診断されるべき人々である。
このように死亡診断書の解釈を変更したにも関わらずわずか3446人の死亡者しか存在しない。
ということで私は新型の風邪が原因で死亡した人はおそらく一人も存在しないと考えている。
ただ、そこに在るのは新型の風邪PCR陽性後に亡くなった人である。
この新型の風邪を大々的に致死性の感染症だと称し、人々を隔離し、あるいは自宅に閉じ込め、人々の間を離し、マスクをつけさせ、行動の自由を奪い、飲食業界を潰し、子供たちに人間は怖いものだから近づいてはいけない、触れ合ってはいけないと教え、片時もマスクを離すなとし、学校や幼稚園では友人や先生の顔をも見られない。
孫や子供は親やお爺ちゃんやおばあちゃんとも会うことを禁じる。
外に出ると99.9%の人々がマスクを装着し、このマスク無しではどこにも入れない。飛行機に乗ることも出来ない。
そして、今後はワクチンパスポートが無ければどこにも行けないし、何もできなくなる未来が検討されている。
2020年の厚生労働省の人口動態統計のデータによると
p2
(1)出生数は減少   前年比 2万4407人
p10
肺炎は7万8445人で対前年比1万7073人の減少(2019年は9万5518人死亡)
※あれ新型肺炎(コロナ)で死亡するのでは無かったのか?
新型コロナ感染症の死者は年間3446人
どこでパンデミックが起きたのか、全く不明のデータである。
これは全世界共通です(しかし、インド変異株、デルタ株は危険と未だに嘘をまき散らしている)
この年間3446人(日本の人口1億2536万人:7月1日現在)の死亡者に対して過剰な措置が取られているのは間違いが無い。
この3446人が死亡する病気に対して何故ワクチンが必要なのか、薬が必要なのか?マスクが必要なのか?緊急事態、ソーシャルディスタンス、マスク、ワクチン、手袋、消毒、透明な仕切り、飲食店の時短営業、アルコール提供の禁止など多数の制限が課せられている。
日本の人口1億2536万人に対して3446人死亡するという非常にレアケースである疾患に対して、ここまで怖れ、こんなことを信じて過剰反応を続けているとあらゆることを制限され、私が言う大衆の完全管理、バタリゲージ(スマートシティ)に閉じ込められるブロイラー化する大衆になることは間違いないと思う。
しかし、尚、政治家もマスコミも専門家もこの偽のパンデミックを修正する事無く煽り続けている。
そのうち大衆は思考する事無く、この状態が常識として定着し誰も疑問を抱かなくなることを彼らは知っている。
おそらくこの1年から2年以内に大衆が気づくことが無ければ、何もかも完了すると思います。
もう手遅れの状態になった時には、気づいた人々は内面に深くダイブして、内なる平和を築くことになるでしょう。
そこには無限の愛と幸せしかありません。内なる世界を崩すことは絶対に出来ないので彼らはこの世界と全く関係なくなるでしょう。
大衆はそのような人々をおそらく認識できず、認識したとしてもそれはおそらく“狂人”に見えるでしょう。
しかし、その狂人は外の世界を変えようとはしないので、何の危険も無いことに気づくでしょう。
しかし、その愛に気づいた時にはすでに大衆はバタリゲージの中でブロイラーとして処分されるはずです。
はやく気づくことが大切だと思います。手遅れにならない為にも。


令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai20/dl/gaikyouR2.pdf?fbclid=IwAR3jA4FQTKnMRrVaqic9px7ap77YuNlXDVVCJ253NXynNm_IPWXOvv6Bxoc

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ