観察のポイント  社会

観察のポイント

今まさに行われていることへの観察のポイントをいくつか記載したいと思います。

東京都知事は東京へ来ないでくださいと言います。買い物は3日に一回にして下さい。
そして感染拡大地域には蔓延防止法により罰則が適用されるようになりました。

テレビではたった数人の専門家が密室、密閉、密集の3密を避けましょう。マスクをしましょう、手洗い消毒をしましょう、ワクチンを打ちましょうとマスコミと芸能人を利用し、あたかもそれが良いことで、それを出来ない人はマナーが悪い迷惑な人のように
叫び続けます。

政治家はそれを利用してヒーローになろうとしています。マスコミや製薬会社やその他企業は利益に乗じます。

大衆はそれに乗っかります。あるいは搾取されます。

物質文明から精神的豊かさへと言っていますが、相変わらずここぞとばかり大衆は金を求めてチャンスを狙っています。

毎日のように感染者が発表され、変異株が出ました。感染力は強くなっていますと危機感を煽ります。

街頭で大衆の声としてマスコミに登場する人物はとても上手にコメントをします。まるで台本があるかのように。

新しい生活様式をとテレビでラジオで垂れ流されます。

愛は地球を救うようです。

@どこまで大衆は滑稽なことや行動の制限、自由の制限を受け入れるのか?
A滑稽なことがどうやって正常なことに変容していくのか?
B感染者がどこまで減少すれば発表を止めるのか?
C変異ウイルスについてどこまで変異を追いかけるのか?
D普通の風邪と同じようにとはどういう意味なのか?
E死亡者がどこまで減少すれば良いのか?
F現在死亡している人は寿命を迎えた人や、重篤な基礎疾患を持っている人だが、今後、この方たちの死をどう捉えていくのか?
G風邪を引き起こすウイルスや細菌は200種類以上ありどれも
寿命を迎えた人や、重篤な基礎疾患をを持って老いる人にとっては脅威であるが、この問題をどう考えるのか?
Hそもそも死んではいけないとはどういうことなのか?
I超清潔社会をいつまで続けるのか?

まだまだあります。すでに大衆は問題を問題と捉えることが出来なくなっています。
死んではいけないという愛の名のもとに言葉を失っているのです。
子供たちは今の世界が当たり前として育ちます。今現在、私達は両親とあるいは祖父母と会うことができません。

子供たちはマスク社会においてその人の顔を見ることなく育ちます。幼稚園や学校の先生の顔を見たことが無いのです。

そして潔癖症として育つでしょう。

この子供たちが大人になった時に、その親の世代はその大きなつけを自ら体験することになるでしょう。

ある年齢になると、子供たちと会うことはできなくなるでしょう。子供たちは清潔病なのです。そしてお年寄りは死ぬかもしれない人々です。

別れて暮らすことになります。その時、まさに姥捨て山が完成するはずです。そこにはお年寄りと触れ合うという暖かい体験が無いからです。

あなたたちはこのようなことをしているのです。

私は大衆には思考が存在していないと言います。

さあ、大衆に思考が無いか観察してください。まさにそのようなことが起こっており、今後も起こるでしょう。

観察してください。この感情劇場をこのドラマチックな愛の劇場、まさに幻想の世界を。
そうやって人々は人生を終えるのです。何も思考する事無く。

子供たちは可哀そうでは無いのです。何故なら今が当たり前の世界として育つからです。
可哀そうなのはあなたたちなのです。そしてその責任は自分で背負うことになるのです。
8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ