感情中毒によるイリュージョン  社会

とにかく、昔からそうですが特にこのコロナは恐怖を増大させました。これはどういうことかというと現在、悪が露骨にはびこっているということです。悪は人々の恐れが大好きです。善良で優しい人は格好のえさになります。

恐怖は人々の脳内の化学物質を変化させ、感情中毒によりその人に恐怖をますます増大させるイリュージョンをもたらします。そのイリュージョンは心と身体を完全に支配し、問題が存在しないところにあたかも大きな問題が存在しているかのように見せることができます。そうすると恐怖を与えられた本人は自分で化学的感情中毒物質を放出させ、問題があると思い込みそれに対して何か反応をします。

そうやって何も問題が無いところに自分で火を注ぎ問題をますます大きくしていきます。それがこの世のすべてを支配しています。

これはあらゆる商売に関連しています。あるいは支配。弱さに付け込むのが商売です。コマーシャルです。常に恐怖を煽り続けます。それは表向きには善良な顔をしていたりします。愛を騙る人であったり、幸せになる方法を教えてくれる人だったりします。

そのことにきちんと気づいていないと感情のマジックに陥り、あらゆることに反応し問題を勝手に大きくし、まさに墓穴を掘ります。大切なことはそのことに気づいており、感情のマジックに入りそうなときは、まさにそのことに気づくことです。この世から悲惨なことや争いが無くならないのはこういうことです。

それを利用する手段が商売や人間の営みです。支配する者は狡猾でこのことを利用して、何か解決策を示し人々の称賛を得ながら依存させ、その人をマジックから離すことはありません。まさに魔法をかけて人生を支配していきます。

依存とはこういうことです。気づきが一番大切なことだと思います。しかし、問題は気づいていても身体が心が反応するという状態です。それでも気づいていることが大切です。そして恐怖に飲み込まれないことです。



トリチウムがゆるキャラに
トリチウムは善悪を超えた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/97830
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ