コロナやワクチンについて勉強したい人  医学情報

コロナやワクチンについて勉強したい人はこちらをご覧ください。ウイスコンシン医科大学名誉教授
総合医療クリニック徳院長 高橋徳氏

高橋医師はそもそも新型コロナの存在を証明した論文は存在しないと主張しており、事実としてCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のHPにも存在の根拠は示されていません。

さらに感染に対する免疫は粘膜で成立するものであり、粘膜で抗体が出来なければ免疫力は得られません。

血中に注射しても意味が無いのです。

これは安保教授から私は教えてもらいました。

そして、ウイルスは私たちの進化にも関係しており、ウイルス感染により人間は遺伝子を改変するシステムを備えています。

これは細胞膜にウイルスを引き寄せ取り入れる仕組みと、ウイルスが持つmRNAの逆転写酵素によりDNAを書き換える仕組みです。

ウイルス進化論という学問があるくらいです。

今回の新型コロナは、人工的に創られて人間の遺伝子を何らかの理由により書き換える目的で有りもしないパンデミックを創り上げ、さらにそれでも全員に感染させることが出来ないので、mRNAワクチンで人間(大衆)の遺伝子を組み替えようとしているものだと思います。

自然発生的なウイルスで無い場合、あるいは科学的な遺伝子ワクチンである事実から、そして重大な病気で無いという観点からも
今回のmRNAワクチンを接種するかどうか、あるいは家族に、子供たちに接種させるのか。

よく考えてワクチンを接種するべきかどうか決められるといいと思います。



高橋医師の動画は何度も削除」されているが、今回も利用規約違反で削除された。
今のうちに情報を集めていないと何も知ることが出来なくなります。

今後は書籍も検閲され、まさに図書館戦争になるでしょう。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ