私たちの界は4層構造 プラズマ循環理論から高次元の世界へ  宇宙 

これはあくまでも私の仮説です。

私たちの世界は4層構造 プラズマ循環理論から高次元の世界へ

私たちの世界は、個体、液体、気体の物質世界である。現代のプラズマ物理学によると
物質は固体→液体→気体→プラズマという様に変化して行くとされている。そして私たちの住むこの地球、宇宙という世界はどのような世界であるかというと、静岡大学プラズマ理工学者 天岸教授によると、宇宙の99.99999......はプラズマで宇宙には地球のような固体、液体、気体の状態はほとんど無いまず無いと述べています。

つまり私たちの世界は4層構造になっている。それは個体→液体→気体→プラズマの世界である。そして宇宙のほとんどはプラズマなのである。地球のような個体、液体、気体の世界は存在しないのである。宇宙には地球しか存在していないということです。それではこの世界がどうなっているのかということですが、私たちが生きているこの世界は個体、液体、気体の世界です。そして宇宙はプラズマに満ちています。

日本の古事記の世界では私達の住む世界は3層構造であり、私達人間が住む世界は葦原中国であり、地中には黄泉の国があり、神様の住む高天原の3層構造となっています。

古事記より1500年ほど古いギリシャ神話では混沌(カオス)の世界から神が出てきて(神の世界)、ガイア(大地)、ウラノス(天空)という4層構造、紀元前15世紀年頃のエジプト神話では神がいて(神の世界)混沌(カオスの世界)から天地創造(現生)それに対する冥界(ドゥアト)の4層構造、北欧神話では9つの世界があると言われているが、纏めると神々の世界、人間の住む地上世界、エルフの住む異世界(ドワーフの魔法の世界)、巨人の世界の4層構造に分けることが出来る。

旧約聖書によると神(神のいる世界)は天地創造(宇宙と光と地球)し、月と星を創り(プラズマ世界)、獣と植物と人間を創造の4層構造となっている。

なので、私達が認識しているのは神以前の高次元世界を除くと混沌の世界、神の世界、人間の世界、異世界の3〜4層構造になっている様です。神を超える高次の世界は混沌であり私達には想像もできません。

ですから、私たちの世界は固体→液体→気体→プラズマの循環であると考えられます。その外に神の世界もしくは混沌の世界プラス混沌を創造した高次元の世界であります。

アセンション(昇華)という概念があります。私達は振動数を上げて高振動から他の次元に移行して行くという考え方です。これが進化だと言います。この考えだとプラズマ循環では無く、固体→液体→気体→プラズマ→高次元になります。固体→液体→気体→プラズマの循環は輪廻転生の考えとなります。

私はどちらも考えられると思います。輪廻転生してまた繰り返すのか、高次元に移行するのかというのが私たちの世界だと思います。古代の神話の世界でもう一つ付け加えるとすれば冥界があります。これは固体→液体→気体→冥界という流れになると思います。

ですから最後の審判はあるのだと思います。常に私達は生き方を問われているのだと思います。生きている目的は現世においていかに罪や穢れを取り除くか。それが出来ると次の次元へ移行できるということです。
それがわかると現世で私たちがすべきことは見えて来ますね。

@ 固体→液体→気体→プラズマの循環 輪廻転生
A 固体→液体→気体→プラズマ→高次元 アセンション(他の次元への移行)
B 固体→液体→気体→冥界→固体→液体→気体→プラズマ化→高次元
と考えています。

私が考えるに宇宙に存在するプラズマ状態の星々は人類が進化してアセンションした後にプラズマ化したエネルギーの痕跡ではないかと思います。多くの地球のような星は神が創造した個体、液体、気体の状態に置かれそこで@の輪廻転生を重ね、進化してA多次元に移行していく。人類のすべてが進化し終わった後にプラズマ化した星々が痕跡を残している状態それが宇宙。その過程で自殺したり、罪を犯した人々はBの冥界に入り込み、さらに試練を課せられてAの世界へ転生し、@輪廻を繰り返しAアセンションに至り高次の世界へという流れになっているのだと思います。

つまり、この宇宙には(私たちの世界)人間をはじめとする生き物は個体・液体・気体の状態におかれている可能性が非常に高いと思います。ここには地球しか存在していないということです。もし同じ状態の惑星が見つかれば、地球と同じように進化の途上にある人々である可能性が高いです。おそらくその形、思考は人間と同じだと思います。

冥界から輪廻転生する時は、もしかしたら人間では無く動植物や微生物、あるいは鉱物かも知れません。そう考えるとシャーマニズムで使用される幻覚性の動植物の中に物凄い意識が入り込んでいたり、動植物や鉱物が人間にとても似た姿を見現すのも理解できます。

そうなると私達が鉱物を利用したり、アクセサリーにしたり、パワーストーンだったり、植物を利用した漢方だったり、食べる農作物だったり、動物だったり、花のエキスアロマテラピーだったりというのも理解できます。輪廻転生の中にいる間は、人間は動植物や鉱物になった人間からエネルギーを得ていることになります。どのように魂を成長させることが出来る食べ物を摂取するべきかまたは不食になるか考える必要があるようです。

生命という物質を創り出すには膜が必要です。ですから私達は75兆個の細胞の塊で出来ており、その細胞一つ一つは膜に包まれています。液体や気体を膜で包めば物質化します。
あらゆるものは膜で創られているのです。ですから神はプラズマ→気体、液体を取り出し、
膜で包み物質化させ鉱物や植物や動物や人間、空気や水を創り出したのだと思います。

ということは人間が進化してプラズマ化して、その向こう側にいるが、何らかの理由でプラズマ化した世界から個体、液体、気体の状態になる理由があった。それがこの地球ではないかと思います。

ですからCとしてプラズマ化→気体→液体→固体(これが天地創造)の流れもあるわけです。

本当に摩訶不思議な世界です。

輪廻転生の世界から抜け出すように、人助けや罪や穢れを落としながら善き人として、善き行為を行い生きていくことが重要です。


以下の記事と併せてお読みください

この世界の支配者と陰謀論者の役割そして電子管理的共産主義社会(テクノクラシー)の先に存在する世界

https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/2114.html

8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ