自律神経の働きG−B  医学情報

ストレスが病気を招く仕組み


過度のストレス(働きすぎ、悩みすぎ、薬の飲みすぎ)

    ↓

交感神経の一方的な緊張 
    ↓

※副交感神経機能の低下→    →  →    ↓
    ↓
リンパ球の減少               排泄・分泌能力の低下  
    ↓                      ↓

免疫力が低下し、ガン細胞を        緑内障 
監視する力が落ちる              便秘
                           胆石 
感染症や風邪にかかりやすくなる        脂肪肝
                       ウオノメ・ガングリオン
                       妊娠中毒症
                       口渇感
                       食中毒
                  ※ガンを攻撃するNK細胞・NKT細胞
                   の働きが落ち、ガン細胞の増殖
                   を促す。





※副交感神経の働きは、休息(リラックス)、消化・吸収・排泄・分泌・リンパ球を増やすです。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ