鍼を刺す  治療院紹介

鍼を刺すと、ドーパミン、エンドルフィン、セロトニンなどの神経伝達物質が脳内で放出されるそうだ。

全て重要な神経伝達物資であるが、このうち、ある条件下で鍼を刺した時のみ「βーエンドルフィン」が分泌されるとのこと。

「βーエンドルフィン」は人体最強の止痛物質で、モルヒネの約200倍の作用と持つと言われている。

なるほど、その場で何故痛みが即座に軽減されるのか良く分かる。

瞬時に分泌されるのだ。

ただし、ある条件下で。

このある条件下が鍼灸の神髄に関係する。
6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ