てい鍼による気の調整  医学情報

クリックすると元のサイズで表示します

これは”てい鍼(しん)”という”はり”です。

私はこの”てい鍼”をよく使います。この鍼は刺さない鍼です。

これはピンポイントで気が滞っている個所を押さえる鍼です。

この鍼は古代の鍼の一種です。

”気”の詰まりを見つけピンポイント(直径2mm位)で気の滞り流します。

気が流れるとその場で体感でき、そしてその感覚を1週間くらい持続できると思います。

これは効果効能をうたうものではありません。

Myself/長渕剛 Cover

「夢は何ですか」と♫ 聞かれることが♫ この世で一番怖く思えた♫ 





5
タグ: 鍼灸 気の滞り




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ