今の時代だからこそ”お灸”です  医学情報

小学生の頃、気管支喘息で呼吸困難になり死にかけた。

小学生の時にコンセントに針金を指し込み気を失った。

中学生の時に自転車に足をはさみギブス生活をした。歩けない不便さを知った。

大学時代バイクレースで曲がり切れずに縁石に激突し死にそうになった。

同じく大学時代スクーターで転倒し、血だらけになった。

会社員時代に激務で身体も心も壊し、1年半休職した。

この時は自殺することばかり考えていた。気が狂いそうな時間だった。

この時はパーキンソン病と言われた。

そして今、治療家である。

今は鍼灸がある。

私はこの自分で対処する方法の無い現代。お灸を普及させたい。

昔は家庭でお灸をして病気や様々な体調のトラブルを解決していた。最初に病院、薬では無く。お灸や鍼(はり)、薬草など様々な智慧があり、自分で対処する力を持っていた。

今こそ自分で対処する力が求められている。自分で何も出来ないということはただコントロールされる側になるだけのこと。

そこには安心はあまり無いだろう。

お灸に来られて見て下さい。お灸をしてみて下さい。そのパワフルさがわかると思います。

こんな時代だから、もぐさの香りとその熱感のエネルギーを感じてみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します


※これは治療では無く、こういう種類がありますよと短時間で映像化したものです。


そして、「驚異の潜在能力メソッド」もその自己対処法の一つである。これは次元を超えています。

6月度講義、まだ間に合う。ぜひ獲得を!

「驚異の潜在能力開発メソッド」6月度 https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1772.html

コメント

きるふぇ
2019/6/11 12:24
子供の頃に虫垂炎をお灸で治してもらった感動は忘れられません。
今は海外で生活しているので、言葉の壁があるため、出来るだけ病院にかかりたくないと思い、ちょっとした不調はネットで調べてツボを押してみたり、吉田先生のテキストを参考にしたりして、過ごしています。イスラム教徒なのでお酒を飲まないのも身体に良いと思っています。
掲載してくださった動画、何度見ても良いですね、背中から温まってきます。


返事

虫垂炎をお灸で、素晴らしいです。お酒も飲まない方がいいです。言葉の壁は大きいです。そちらにはお灸は売っていませんよね。動画を見て暖まって下さい。ありがとうございます。
4
タグ: お灸  もぐさ



2019/6/11  12:24

投稿者:きるふぇ

子供の頃に虫垂炎をお灸で治してもらった感動は忘れられません。
今は海外で生活しているので、言葉の壁があるため、出来るだけ病院にかかりたくないと思い、ちょっとした不調はネットで調べてツボを押してみたり、吉田先生のテキストを参考にしたりして、過ごしています。イスラム教徒なのでお酒を飲まないのも身体に良いと思っています。
掲載してくださった動画、何度見ても良いですね、背中から温まってきます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ