いつの世も狂っているのが普通  スピリチュアル

○○さんと私のやりとり。○○さんのメールは公開できないので私の返事のみ。皆さんにも知って欲しくて記事にさせて頂きました。


おはようございます。川内原発が再稼働し臨界に達しました。これから日本中の原発が順次再稼働し始めるのでしょう。

このように巨大な経済システムが構築されると、人間ではなく経済システムが動きを止めることができなくなります。

これは原発だけではなく、企業と言うシステム、医療と言うシステムにも、全ての資本主義
経済システムに当てはまります。

これから安保法制が可決され、集団的自衛権の行使により、アメリカの様な軍産複合体が誕生し、そのシステムがそのシステムを維持する為に、戦争や紛争を求めるようになります。これは、国民には止められません。

これが、原発反対運動を、何十年間も続けている大学教授や、活動家がずっと負け続けている理由です。

もし、これらの問題を変えるにはどうしたら良いかと考えると、資本主義経済とか民主主義とかいう現代のウソを変えるしか手が無いのです。

現代の資本主義とか民主主義とか自由とか言うのは嘘です。これは、牧場主が家畜を管理する全体主義システム。

手のひらの上で私たちは自由だと思いこまされて(そこは自由に見えて、実は周りには柵が張り巡らされているのです)死ぬまで搾取されるシステムなのです。

ただ、問題があります。資本主義社会、民主主義社会に変わる理想のシステムが全く無いのです。これを人間は作り出すことが絶対にできません。人間は病気なのです。

人間は生きているだけで病気なのです。そして、これは不治の病です。誰にも治せないのです。いつの世も狂っているのが普通です。

前置きが長くなりました。

○○さんのような方は、特殊ではありません。いっぱいいます。気づいていないだけです。そして、目に見えない世界については、こちらからアプローチしてはいけないのです。それは、私たちの住む3次元ではないのです。

力のある気功師やヒーラーには気を付けた方が良い。彼らは、コントロールできない危ない領域に手を突っ込んでいる。

エネルギー治療は、あっさりとやるべきです。それこそ、何も考えず、触るだけとか、おしゃべりしながらとか、音楽を聞きながらとか大袈裟なことはしないことです。

そして、エネルギーは、精神と関係しており、肉体と繋がっています。肉体にアプローチし、精神を癒していけば、エネルギーは綺麗に整う。それだけです。

治してやろうとか、治してやったとか、治せるとか言う治療家は、偽物です。それは自分の奴隷(信者=カネ)を作りたいだけです。

私は、何ひとつ病気は治せません。勝手に治って行く患者がいるだけです。そして、それは患者が自分で治したのです。

自分で治したと思わせることが重要です。治療家は、患者から、治してもらったなどとと思われないようにすることです。

これが重要なことです。

東洋医学を行っていて、エネルギーを理解できない人がいるのは残念です。彼らは学校で、”気”の医学を習っていません。

川嶋先生も多分理解できないでしょうが、優しい方なのでそういう対応をされたのでしょう。

永野先生 http://www.nagano-hosp.com/ なら理解できたかもしれません。
ただ、ここも自由診療です。

良い鍼灸師の先生に出合ったのですね。でも人間は、人気が出ると奢りが出て、自分には何でもできると勘違いします。

今は、そういう状態になっているのでしょう。そのうち、元に戻ると思います。

とにかく、自然の中に足を運んで下さい。そこには身体を癒すエネルギーが満ちています。そして、よく運動をして下さい。

エネルギーの循環が良くなります。メッセージありがとうございます。

吉田 純久


拍手コメントのliebeさん

死後の生は生きている者の為に存在する。その通りですね。つまり執着(エゴ)です。
今年はヒマワリを見ていません。もう秋の気配がしています。外で寝るのは、家族が反対して出来そうもありません。世間体が気になるようです。私は気にならないのですがね。

拍手コメントのよもぎさん

エネルギー治療は危険な場合があります。患者が治療家を見極めるのは難しいと思いますが、一つの目安は、お金に執着しているかどうかです。


コメント

liebe
2015/8/14 12:08
世間体ですか…。先生の心より世間の評判が大切ですか。日本の体制そのものが、一人一人の精神構造に息づいてるんですよね。それが正しいのでしょうけど。
今夜、寝袋をバイクに積んでペルセウス流星群を見にいきましょうよ。きっと綺麗ですよ。家の前でなければOKでは?

立秋を過ぎたら、風の匂いは変わりました。夏も終わろうとしていますね。

返事

liebeさん

世間体が大切なのです。以前、サンゲージングを半年していた時、80歳を超える親父から、そんなことをしていると、患者が減るぞと言われた。要するに頭がおかしい人と思われると。私が、そんなことはどうでもいいと言っても、理解できず頭をひねるばかりだった。自分の家の敷地内、朝早くから私が何をしようが勝手だ。世間というものはそういうもんではないぞ、と言って去って行った。

ペルセウス流星群ですか。いいですね。でも、昨日まで長崎(妻の実家)にいて、昨夜帰ってきて、疲れて寝て、今起きたところです。もう過ぎちゃいましたね。

20年以上前に、当時好きだった女の子を連れて海辺で流星群を見たことを思い出しました。もちろん彼女とは結局、上手くいきませんでしたが(笑)

短い夏でした。秋の香りがします。


コメント

またたま
2015/8/14 16:06
興味深い記事を見つけました。
https://mamanoko.jp/articles/6086

これはフリードリヒ2世の独善的な実験ですね。子供に対して世話はするけども愛情を与えないという実験です。
この実験は全員の子供が1歳にも満たずに亡くなったという悲惨な結果が出ました。

子供に限らず大人も愛がないと生きていけないと感じました。


返事

これは私のスキンタッチ教室で言っている内容と同じですね。同じようなことが難民キャンプの子どもを収容する施設でも起こっています。

赤ちゃんや子供らを診るスタッフが全然足りず、ただご飯や栄養を与える場になってしまいっており、子どもたちは成長しても言語の発達が遅れ、ほとんどが情緒面に障害を持つそうです。

さらに、愛情が溢れるスタッフが相手をしても、交代制で入れ替わるとやはり情緒面が育たないそうです。大切なのは、1人に対して同じ人間が、相手をしないといけないようです。

こういう結果もあります。

高校生にお弁当を作らず、コンビニ弁当で学生生活を送ったグループと母親の手作りの弁当で生活したグループとでは、顕著な学力の差が見られたとのことです。情緒面でも相当な差があったと思います。食品添加物だけの問題ではなく、ハート(愛)の問題でしょう。

サルの実験でも、有名な実験があります。針金に哺乳瓶をさしたサルと、暖かい毛布で出来たサルを2体用意したところ、サルの赤ちゃんは餌のある(哺乳瓶)方ではなく、暖かい毛布サルの方に抱きついたそうです。

さらに、暖かい毛布サルに抱きつかせたまま、栄養も与えたそうですが、そのサルは情緒面が育たなかったとのことです。毛布サルは子ザルに一切の応答(愛情)を与えることが無かったのです。

それにしても、いずれも恐ろしい実験だし、事態ですね。愛情不足が蔓延しています。人は、目に見えないハート(愛)のエネルギーを食べているのです。

コメント

よもぎ
2015/8/14 22:13
吉田先生へ

お金に対する執着ですか、なるほどね。

原発は、向精神薬と、どこか似たところがあるように感じます。
手を出してはいけないんだけど、出したら最後、やめにくいとか。
それにに依存してしまう、とか
副作用の方が酷くて、恐ろしいとか、などなど・・・。
出所が一緒だからですかね。

本日、阿部首相の70年談話がでました。
どこへ向かうか、わかりやすい話でした。

よもぎ


返事

よもぎさん

カネの使い方でその人間の本性はほとんどわかる。

今度「原発と日本」という映画を見に行く予定です。そうですね。身体に爆弾を落としているのと同じだし、それを正当化しているのも同じ、仕掛け人もアメリカで同じ。

安倍談話、まだ見ていません。今度、確認してみます。


○○○さん

禁酒して10日とは凄いことです。アルコール依存症のほとんどの人は、アルコールを我慢できません。そして恐ろしいことは、脳が委縮するということです。

でも、○○○さんが言う様に、後のこと尿や睡眠の問題もすべて時間が解決します。

このまま行けば大丈夫です。





10



2015/8/14  22:13

投稿者:よもぎ

吉田先生へ

お金に対する執着ですか、なるほどね。

原発は、向精神薬と、どこか似たところがあるように感じます。
手を出してはいけないんだけど、出したら最後、やめにくいとか。
それにに依存してしまう、とか
副作用の方が酷くて、恐ろしいとか、などなど・・・。
出所が一緒だからですかね。

本日、阿部首相の70年談話がでました。
どこへ向かうか、わかりやすい話でした。

よもぎ

2015/8/14  16:06

投稿者:またたま

興味深い記事を見つけました。
https://mamanoko.jp/articles/6086

これはフリードリヒ2世の独善的な実験ですね。子供に対して世話はするけども愛情を与えないという実験です。
この実験は全員の子供が1歳にも満たずに亡くなったという悲惨な結果が出ました。

子供に限らず大人も愛がないと生きていけないと感じました。

2015/8/14  12:08

投稿者:liebe

世間体ですか…。先生の心より世間の評判が大切ですか。日本の体制そのものが、一人一人の精神構造に息づいてるんですよね。それが正しいのでしょうけど。
今夜、寝袋をバイクに積んでペルセウス流星群を見にいきましょうよ。きっと綺麗ですよ。家の前でなければOKでは?

立秋を過ぎたら、風の匂いは変わりました。夏も終わろうとしていますね。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ