ユースタス・マリンズ著

クリックすると元のサイズで表示します

永らく絶版であったが、このたび再版されようやく読むことができた。少し古い本(平成9年)であるが、今でも十分に通用する。

書いてある内容は、私にとって既知のことばかりであったが、皆さんには既知ではないので記事にしたいと思う。

前半は、医療利権の闇を暴露している。いろんな登場人物が出てきて読んでいても難解である。ロックフェラーによる支配にも触れている。世界はロスチャイルド、ロックフェラーの偽ユダヤ人シオニストに支配されている。※この本ではシオニストのことは出てこない。

後半は、予防接種、フッ化物、化学肥料、食品添加物について論じている。

まずは予防接種。

医療体制の安定した収入源であり、死の予防接種だとマリンズは言っている。その通りだ。

p225

ヴァージニア州ノーフォークの医師ヘンリー・R・バイビー博士は、次のように述べた。

「私の正直な気持ちから言うと、予防接種は病気や健康被害の一番大きな原因になっている。ガン、梅毒、口唇ヘルペスなど多くの疾患の直接の原因は、予防接種である。ヴァージニア州やその他多くの州に住む親たちは、子どもがこの処置を受けるように強制される。ところがその一方で医療関係者たちは、このサービスを施すことで報酬を受け取るだけでなく、素晴らしい将来の患者をも製造しているのである」

>予防接種は子どものころから病気の種を健康な子どもたちに植え付け、将来の患者を作り出しているのである。


p227

予防接種について、ロンドン・ガン病院の外科医長ハーバード・スノー博士は、次のような懸念を表明した。

「近年、まだ若いうちに突然死する人が多くなった。とくに宴会や晩餐会に出席した後に死ぬ例が多い。このような死の約80%は、以前に受けた予防接種が原因であると私は確信している。予防接種が原因となって、長期におよぶ重い心臓病になることはよく知られている。しかし、検視官はこの種の心臓発作をいつも「自然発症」として真実を揉み消してしまう」


p228

インディアナ州のW・B・クラーク博士は、次のような驚くべき発見をした。

「ガンと言う病気は、牛痘ワクチンを使った種痘が強制される以前は、実際はほとんんど知られていなかった。私は今までに少なくとも200人のガン患者を診たが、種痘を受けていない者の中には、ガン患者はひとりもいなかった」


p232

サイエンス誌(1977年3月4日号)の記事で、ジョーナスとダレル・サークは次のように警告している。

「インフルエンザやポリオの生ワクチンは、予防するはずの病気を逆に生みだしている可能性がある。麻疹や流行性耳下腺炎の生ワクチンは、脳炎などの副作用をもたらす恐れがある」


>エドワード・ジェンナーが、天然痘対策として、牛痘ウイルスを人に接種する方法を発見したが、彼が発見した頃はもうすでに天然痘の勢いは衰えていた。

英国では種痘接種が始まってから、天然痘が大流行した。この事実は捻じ曲げられ、種痘は現代医学に最も貢献したものとなっている。※日本では1980年に種痘は中止されているb。

これは全ての予防接種に言えることで、感染症を封じ込めたのは予防接種のおかげではない。私は大学の公衆衛生学で学んだ。教授はこう言った。予防接種が導入される前に、衛生環境の改善により、感染症はすでに激減していた。予防接種のおかげではない。

予防接種は、病気を生みだす企業の陰謀である。予防接種は、健康な人を対象に出来るドル箱である。企業がどのように利益を得ているか考えれば、すぐに答えはわかる。わからない人は鈍感である。企業が個人の健康を守りだしたら、その企業は倒産する。


p235

1918年にインフルエンザが「大流行」したが、医学史研究家はこの流行は広範囲で実施された予防接種が唯一の原因であった、というあまり認めたくない結論に最終的に到達した。

>今でも同じである。よく考えて欲しい。インフルエンザが流行るところはどこだろうか?テレビのニュースを見て欲しい。特別養護老人ホームだったり、病院の入院病棟だったり、学校だったりである。みな、予防接種率の高いところばかり。

インフルエンザの季節になると、ツイッターで予防接種を受けたのに家族全員インフルエンザにかかりましたとかのツイートが増える。

厚生労働省のHPにも、インフルエンザワクチンは、インフルエンザを予防するものではありませんと堂々と書かれている。そして、こう書かれている。重症化を防ぐ可能性があります。と。何の科学的な根拠も無い。重症化を防ぐかもよと言っているだけである。

うちの両親は、インフルエンザワクチンを生まれてこのかた打ったことがありませんが、インフルエンザにはかかりません。子どもたちがかかってもかからない。これは免疫が出来ているからです。

インフルエンザワクチンを接種している人ほど、インフルエンザに罹患するとは皮肉なことですね。


製薬会社の会議で何が話しあわれているか?

p237

かつて、養豚家たちは、数頭の豚にワクチンを接種する実験をみて衝撃を受けていた。なぜなら、豚は接種後に衰弱して死んでしまったからである。そのあとで開かれた巨大製薬会社の役員会議が重苦しいものであったことは想像に難くない。しかしある聡明な若手社員が次のように提案してから状況は一変した。「そうですね。もし養豚家がこのワクチンをブタに注射しないなら、残された唯一の販売市場は人間だと思います」


>製薬企業にとって薬物の開発は巨額のコストがかかる。もし、医薬品を開発したら、そのコストを回収し収益をあげなければならない。そうすると、製薬会社の販売戦略会議で何が話されているか想像はたやすい。私も企業にいたのでそれはわかる。開発した薬が市場に出ないと大きなコストの損失につながる。政財官の癒着の許認可制もある。


p241



ラトガーズ大学のロバート・W・シンプソン博士の警告

「インフルエンザ、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、ポリオの予防接種によって体内に植え付けられたRNA(リボ核酸)は、プロウィルス(逆転写酵素によって宿主の細胞DNAに組み込まれたレトロウイルスの遺伝子)となって全身に回り、潜在性の細胞を形成する。これらの潜在性の細胞が活性化すると、狼そう(皮膚結核)、ガン、リウマチ、関節炎のような様々な疾病の原因になりうる」


p242

ワクチンは体内で「遅発性ウイルス感染症」(※スローウイルス)として知られている時限爆弾となって体を脅かす。この病気は発病まで10年から30年かかるが、その時が来ると、被害者はたいてい何の前触れもなく心臓発作かその他の病気の致命的なもう攻撃に打ちのめされてしまうのである。


p246

ハーバード・M・シェルトンは1938年に著した著書「人間を苦しめ搾取する」の中で、こう言っている。

「ワクチンは単なる膿であり、不活化であるか腐敗しているかの違いしかない。もし不活化ならば効き目がない。腐敗していれば感染する」


シェルトンは、予防接種は睡眠病、小児麻痺、血液疾患、破傷風の原因になると述べている。


p247

国立衛生研究所のジェームス・R・シャノンも、こう断言した。



「安全なワクチンがあるとしたら、それは唯一、実際に使用されないワクチンだけである」


p247


ウイリアム・コッチ博士は、こう断言している。

「あらゆる血清やワクチンの接種だけでなく、ペニシリンの注射でさえも、ポリオの発症数を少なくとも400%増加させた」

p249

「実際には、米国におけるすべてのポリオ患者の原因はワクチンにある。1979年以降米国においては、自然発症型あるいは野生型のポリオウイルスに起因するポリオ患者の症例は一つもみられていない」

p252

故チャールズ・M・ビギンズ

「この15年間、毎年ニューヨークでは種痘予防接種による死亡者の数が、天然痘それ自体による死亡者を上回っていた」


コメント

百軒
2014/12/31 23:56
いいですね、これ紹介します。

やっと、ブラックバイトも終わりいい年になりそうですね。


返事

百軒さん

今年は、”挑戦”の年にしたいと思っています。いろんなことが変化します。変化を恐れずがんばりたいと思います。


コメント

菜の花
2015/1/2 0:34
予防接種はもう済みましたよ。皮下注射「筋肉注射」
ワクチンとは何にも言えませんよね。
死は考えたくない
★P242★体内に植え付けられたRNA(リボ核酸)は、プロウィルス(逆転写酵素によって宿主の細胞DNAに組み込まれたレトロウイルスの遺伝子)
***☆☆☆☆***☆☆☆☆***☆☆☆☆***☆☆☆☆
A HAPPY NEW YEAR
今年も御健康、御多幸でありますようにお祈りします
健康の為になる事をこれからも、良く理解出来る年になりたいと思います
今年も宜しくお願いします。
身体が強風な風にも元気でお過ごし下さい。


返事

菜の花さん

あけましておめでとうございます。

菜の花さんのご健康と、ご多幸を祈念しております。

今年もよろしくお願い申し上げます。

今年は、変化、生まれ変わりの年です。あるヒーラーからそう告げられました。

私はそれにそって、変化して行きたいと思っています。困難が待ち受けています。でも負けません。


コメント

百軒
2015/1/2 13:52
新年早々汚いものを紹介します。

http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=7765

酷い医者ですね。

たまたま、家で普段見ない動画を見ています、これは仕事が原因では?と思ってしまいます。

また、抗がん剤も手術も不要ではないかと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=M6NLJ_v-JRg


返事

本当に酷い医者ですね。

おっしゃる通り、抗がん剤も手術も不要だと思います。



拍手コメントの元同業者の方へ

本当に大変でした。私のところは朝の5時からでしたが、4時ですか?大変でしたね。私のセンターでは、仕分け班とドライバーと一部仲が悪いところがあって、どちらかというとドライバーから仕分け人が怒鳴られる。自分の息子のような人から怒鳴られるとは本当に可哀そうでした。もっと平和な職場になれば、効率も良くなるのにと私は思いました。良い仲間に恵まれて良かったですね。私はもうする気はありません。

そちらも良い年になりますようにお祈りしております。コメントありがとうございます。
















10



2015/1/2  13:52

投稿者:百軒

新年早々汚いものを紹介します。

http://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=7765

酷い医者ですね。

たまたま、家で普段見ない動画を見ています、これは仕事が原因では?と思ってしまいます。

また、抗がん剤も手術も不要ではないかと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=M6NLJ_v-JRg

2015/1/2  0:34

投稿者:菜の花

予防接種はもう済みましたよ。皮下注射「筋肉注射」
ワクチンとは何にも言えませんよね。
死は考えたくない
★P242★体内に植え付けられたRNA(リボ核酸)は、プロウィルス(逆転写酵素によって宿主の細胞DNAに組み込まれたレトロウイルスの遺伝子)
***☆☆☆☆***☆☆☆☆***☆☆☆☆***☆☆☆☆
A HAPPY NEW YEAR
今年も御健康、御多幸でありますようにお祈りします
健康の為になる事をこれからも、良く理解出来る年になりたいと思います
今年も宜しくお願いします。
身体が強風な風にも元気でお過ごし下さい。

2014/12/31  23:56

投稿者:百軒

いいですね、これ紹介します。

やっと、ブラックバイトも終わりいい年になりそうですね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ