病気はイメージである。あなたがイメージしたものが、あなたの病気である。意識していないかもしれないが・・・。意味もなく病気になることはない。病気が無意味なら、あなたの存在は無意味である。そんなことは無い。病気は学びである。どんなに辛くても、そこから何かを学ぶことを、きっと自分に課しているのだ。もし、このことに反論するひとは、ただ辛いといって嘆き悲しむ人生を選択する。
 病気から学んだ人は、病気でも幸せな人生を送る。苦しみや悲しみを知るからだ。
 私たちに備わる自然治癒力は、決してあなたを裏切らない。裏切るのは、あなただけである。自分で自分を信じられないことが不幸を招く。自然治癒力は、時間がかかる。でも、それは、あなたが人生において大事な何かを掴むのに必要な時間。焦りは禁物。ただ楽になりたいなら、薬を飲めば良い。そこには治癒もなければ、学びもない。”喉元過ぎれば熱さ忘れる”人間としての進歩もない。あるのは、一時的な安楽と引き替えにした苦しみだけである。
 そろそろ、人々は気づかなければならない。自らの中に(体内)に大自然があり、私たちの外(外界)にある自然と繋がっているということを・・・。自然と一体化したとき、安らぎが生まれる。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ