内海聡医師   医学情報

何故、私が内海聡医師を批判するのか?
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/971.html

に次のようなコメントを頂きました。

ゆーだい
2014/8/25 1:37
情報は両面あります。片面だけ見るのは、偏見になります。視点を固定せず、何度か考え直してみると、クレームだけではなんにも意味がない。と、おわかりいただけるのでは?批判は良いことです。その分、情報の幅が広がりますからね。良い悪いは解釈ですから、自由なんですが、解決策をもっと詳しく、相手の背景をもっと理解した上で考えてみて欲しいですね。クレームだけは、日本人特有だから、文化として仕方のないことですがね。

コメント終わり

ゆーだいさん。コメントありがとうございます。

ここは一度整理しないといけないなと思っていたところでした。

私は、内海医師を批判していますが、その理由は、彼に賛同して乗っかっていく人々が非常に多いのに危険性を感じたことと、これほどブームを作っているのに、彼を実名で批判する人がいないことにやはり危険性を感じました。

このような流れは非常に不健全です。

彼の問題点は、その極端思考です。

私の批判は次の2点につきます。

@精神薬を飲んでいる人は、いずれ犯罪を起こすか、自殺をするか、廃人になると言い。薬を辞める解決策を示しているものの、結局は依存心の強いグーミンとバカにして精神論で解決しようとしている。

この結果何が生じているかというと、彼の著作を読んだ精神病(実はそんなもの存在しないのだが)で薬物を摂取している患者が、薬を辞めようと努力しても、脳の構造が変化しているため実際は辞められない人が多数おり、辞めたいが飲まずにいられない(当院にもこんな患者が多数いる)。

彼らは、二重の苦しみを強いられる。飲んでいるのにも罪悪感を持ち、止めようにも辞められない。そして、いずれ、犯罪者か、自殺するか、廃人になるかだと追い詰められる。世間の偏見の目も増えた。

彼は、薬を飲んでいない人を精神病から救い出すと言う功績ももたらしたが、すでに依存体質に陥っている大多数の人を追い込んだ。

実際は、薬を飲んでいても犯罪者にもならなければ、自殺をしない人も多数存在する。非常に、まっとうな人も多い。

※論文で、うつ病と言われている人が世の中を正常(現実的に)に認識しており、楽観的な人は、幻想の中に生きているという論文を読んだことがある。そうかもしれない。どこの論文であったか散逸した。

Aストレスと病気の関係を軽視している。病気になるのは、添加物やワクチン(添加物含む)、砂糖、放射能などほとんどすべてを物理的なもの外部に求めている。

これは絶対的な間違いである。人間は、社会的な生き物で、病気の原因は、内部(心)の方が大きい。

ハーバード大学の元教授ブルース・リプトンも、筑波大学の名誉教授の村上和雄氏も、我らが新潟大学名誉教授 安保徹氏も、”心が身体に優先する”と言っている。人間はスピリチュアルな存在なのだ。

これに環境が加わり病気が発生するのだ。

内海氏は、人間をロボットだと思っているらしい。この点では、そこらへんの医者とあまり変わらない。※おかしいな、彼はデビッド・アイクの書籍の推薦・解説をしているのに、何故だろうか?


以上の2点であるが、


あとは、内海氏の書籍を私はほとんど持っており、そしてかれの言説(ブログ)などを見ているが、全く以って同感である。

それに彼の狙っていたブームを起こすための過激な論調はすでに目標を達成できたのかだいぶ鎮まり、最近の彼は、非常に良い人(良い意味で)になっている。

彼とサイエントロジーとの関係(彼は否定しているが)はちょっと気になるが、

彼の書籍は、私が11年前からこのブログで主張していることと同じである。今はもう私には批判するところが無い。

どんどん医療の闇を暴露してもらいたい。何しろ私のような弱小鍼灸師と違い、医者という立場から、そして彼の強烈な個性から、その力を彼は持っているからだ。

私は、いまのところ内海医師を応援している。情報源は私より広い。ぜひがんばって欲しい。

ただし、彼がおかしなことを言い始めたら、やはり批判する。そういうスタンスである。そして私も実名で行動しているのでも常に批判にさらされる状態にある。




今年の夏は妻(長崎)の父が昨年亡くなり初盆で、精霊流しをしてきた。お義父さん。あの世でまた酒を飲みましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


昨日は夏休み最後で、えびの高原に家族で行き甑岳に登って来た。頂上は絶景でした。
目も前に見えるのは韓国岳。
クリックすると元のサイズで表示します

甑岳の火口(湿地帯)
クリックすると元のサイズで表示します
20



2014/8/29  15:47

投稿者:元気

百軒さん

それで今では環境ジャーナリストではなく、医療ジャーナリストと名のっているのでしょうかね。それにしても酷い話です。

2014/8/29  0:52

投稿者:百軒

『買ってはいけない』の著者、船瀬俊介さんは、精神病薬が原因で娘さんを亡くし、病院を訴えています。娘さんは学校に行けない状態から食べられなくなり、ついに水も飲めなくなった。それで点滴したのはいいのですが、抗精神病薬を入れられました。その時の説明が「副作用は便秘とかあくび等です」。それでお願いしたところ高熱が出てきました。抗精神病薬による悪性症候群の一番特徴的なのが発熱です。そういう症状が出たらすぐに打ち切るようにと精神医学の書物には書かれています。ところがその医師は、悪くなっていくにつれて、その薬を四倍に増やしました。そして遂に亡くなりました.栄養状態が悪く、脱水状態になっている時にこの悪性症候群になりやすいということが書かれています。この14歳の娘さんは食べられなくて水も飲めなかったというのですから、まさにこの状態だったわけです。

元気さんに報告します、ことの真相です。

2014/8/27  13:33

投稿者:鍼灸師

間違いを訂正します。

(×)自分の感情に一切振り回されずに座禅の体罰ができる教師などいません。

(○)自分の感情に一切振り回されずに高僧が座禅の警策をするような体罰ができる教師などいません。


2014/8/27  12:56

投稿者:元気

鍼灸師さん

この人が医者として、心と身体の関係を理解し、そのような医療を行っていれば言行一致で素晴らしいと思うのですが、すべて表面的でまったくダメです。実は彼の書籍はいいのですが、ほとんどが既知のことしか書いておらず、しかもその内容はコピー&ペースト本です。

一体どんな医療を彼は考えているのかさっぱりわかりません。ホメオパシーはおっしゃる通り、心と身体に働きかけるエネルギーです。

彼は何を理解しているのでしょうか?やっぱりダメ医者だな。彼は功績より弊害が大きいかもしれない。毒親ならぬ、毒医者。

2014/8/27  11:47

投稿者:鍼灸師

低温サウナ、メタトロン、レメディー、サプリ。
結局、物質に依存して同じところをグルグル回っている感じです。
ちょっとかじってみてまた他へと掘り下げがない。
ホメオパシーは詳しくないのですが、本当のホメオパスがレメディ−を処方する際に何時間もかけていろいろと問診するのは心のつながりを作るためだと思っています。
ストレスと病気との関係を否定するホメオパスがレメディーを処方するとは驚きです。

結局、モノや機械に頼ってひとりひとりの全体を観ようとしない、患者と向き合わない、など現代医学の負の部分だけはしっかり守っているようですね。

あと私も体罰は反対です。
自分の感情に一切振り回されずに座禅の体罰ができる教師などいません。
体罰する教師にこそ体罰が必要です。
相手が嫌がることをしないというのは基本中の基本です。



2014/8/26  19:33

投稿者:元気

鍼灸師さん

彼は医者としては、最悪の部類でしょう。医者失格。心がない。早く医者を辞めてもらいたい。彼の考え方は人間機械論そのものです。

彼はこう言います。未だにストレスが病気の原因だと思っているグーミンがいる。

この人は人として何を学んできたのだろう?

2014/8/26  19:30

投稿者:元気

百軒さん

残念な世の中ですね。庶民(奴隷)が気づきを得るのは困難なようです。私はほとんど諦めています。多分、戦争が始まりますね。皆さんには止められますか。私には止められません。私たちはあまりにも少数派なのです。

暴力が好きな人が多いようです。百田尚樹氏のように「国家があって個人の幸福がある。国家のために死ぬ生き方を思い出そう」という人もいるし。これが支持されている。

現世は諦めだ。


2014/8/26  18:44

投稿者:鍼灸師

彼は最近実費で解毒プログラム(サウナ)などをはじめたようですね。
そしてこのようなことを書いています↓

「放射能や金属類を解毒できる方法も現代にはちゃんとある。あとは調べてもらいたい。」
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/675156142568142
「以下はウクライナに照らし合わせた放射能マップ。この国にたぶん真っ暗でしょうが、移住権利区域くらいなら、しっかり解毒すれば何とかなるんですがね。」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=673390609411362

しかし、
・個人差が大きい被曝問題に対して解毒すれば何とかなるなどと言い切れるのか?
・解毒(排泄)には副交感神経優位の状態が必要であり、彼が否定するストレス(心)との関連が不可避ではないのか?
・肺に突き刺さった放射性物質をどうやって解毒できるのか?
など疑問を感じます。
他にもメタトロンやサプリ販売など、物質(機械)に偏重しているようですね。
本に書いてあることなどは同感することが多いのですが。


2014/8/26  16:45

投稿者:百軒

>船瀬氏の子供が統合失調症になったのでしょう。これが疑問です。どのような家庭だったのか?

だいたい、想像がつきますよ、極端な食品添加物を排除した、生活及び普通の子供とは乖離した生活です。

毒を徹底的に排除していると思いますが、かなり徹底していたかと。

埼玉県名栗は、自然も多く、自然住宅です。

しかし、あまりに毒を抜いた生活で、恐らく学校で孤立したのでしょうね、しかも、この時期の女性は少々不安定になります。

それから、埼玉医大はよく医療ミスを多発させております、隠ぺい体質がないことは褒めますが、根本的に医学の質がかなり低いと思われます。

そもそも、埼玉県は病院の受け入れ拒否が多発しています、医療の質はかなり低いです、なので、上原さんのような人が救急医療をしているのでしょ。

>私は暴力否定派であり、体育会系の縦社会が大嫌いです。部活の体育教師など最悪の人物が多い。

私もそうです、頭が悪く、歪な人間関係です。

元気さんの根源意識に感激しています。

2014/8/26  16:15

投稿者:元気

百軒さん

>結果的に1番残念なのは、服用中の患者が1番の批判の矛先であり、弱い者をただ虐めているだけですね。

そう思います。

>私の分析では内海は元々、自信過剰で傲慢で人を見下したようなタイプであった、親からの医者になれ!という圧力のなかで、しぶしぶ医者になったが、医者としての能力も弱く、ロジーにリクルートされたのでは?と思います。

おそらく親との関係はあまりよろしくないでしょう。彼は人間嫌いなんです。アイクの本の解説(最新本)を見たら、自分は冷酷だと明確に書いていました。彼は、自分の家族と娘と自分自身にしか興味がありません。

そして、暴力肯定派、とんでもないですね。そのブログの彼女はとてもいい人なのだけれど、内海氏には肯定的なんですよね。残念。

私は暴力否定派であり、体育会系の縦社会が大嫌いです。部活の体育教師など最悪の人物が多い。

船瀬氏は、その当時は医療問題に詳しくなかったのでしょうね。医療で子供を亡くすとは不幸。でも何故、船瀬氏の子供が統合失調症になったのでしょう。これが疑問です。どのような家庭だったのか?



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ