吉田鍼灸指圧治療院  治療院紹介

吉田鍼灸指圧治療院

当院は痛みに対しては徹底的にその場で結果を出すことを追求しています。

慢性疾患については鍼灸とともに食事を中心としてアドバイスで治癒もしくは生活に支障のないところまでフォローしていきます。

私は故安保教授と福田医師の設立した自律神経免疫治療研究会(現日本自律神経病研究会)の正会員です。

日本自律神経病研究会HP http://immunity-club.com/

正会員名簿(会員医療機関・治療院リスト)

http://immunity-club.com/facility/index.html

私の専門は鍼灸です。

施術料

初診料      1000円 
鍼灸(大人)   3500円 
中学生      2000円
赤ちゃん〜小学生 1500円

※国保で都城市の鍼灸の助成金カード持ってらっしゃる方は一回につき1200円の助成があります。
後期高齢者保険証(75歳以上)で宮崎市内に住所を持ち助成金のカードをお持ちの方は、
施術一回につき1000円の助成があります。
助成金のカードは保険証と印鑑を持ち最寄りの市役所または役場にて手続きができます。


※現在指圧は行っておりません。

いろいろと試したが良くならない方、あきらめずに当院に一度お越しください。


場所:宮崎県都城市南横市町7879−2
ゼンリン地図

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

пF0986−23−8531(予約制です)

診療日:現在のところ、毎週、木・金・土に限定しています。

Facebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa/

吉田鍼灸院 https://www.facebook.com/yoshida.yosihisa

クリックすると元のサイズで表示します


遠方から当院に来られる方は、宿泊先として当院に非常に近いHostel-Babters が便利です。

https://hostel-babters-miyazaki.jimdofree.com/
4

Yoshidavision 4月16日 New!  水彩画

アイテムを追加しました。

吉田鍼灸指圧治療院公式グッズです。

YoshidavisionのMoment of NyankoTシャツ https://suzuri.jp/Yoshidavision/8061434/t-shirt/s/white #suzuri  新作です。

クリックすると元のサイズで表示します


YoshidavisionのNyankoTシャツ https://suzuri.jp/Yoshidavision/8061309/t-shirt/s/white #suzuri   新作です。


クリックすると元のサイズで表示します



#猫の世界 #猫好き #かわいい #ぬこ #癒し #都城の鍼灸院 #宮崎の鍼灸院 #東洋医学 #サイケデリック #鍼灸 #いろえんぴつ #色鉛筆画 #水彩画





15

ゼロになっても気を緩めるな  社会

2020年4月 空母セオドアルーズベルトのほぼすべての乗組員約4800人が検査を受けた。約4800人のうち840人の陽性者(17.5%)、60%は無症候、死亡1人。重症化した人無し。

ほぼ同じ時期、ダイヤモンドプリンセス号、乗組員3711人のうち陽性者712人(19.2%)、46.5%無症状。4名死亡。

セオドアルーズベルトの軍人はダイヤモンドプリンセスの乗組員とは年齢層が違い、高齢者よりはるかに健康なので17.5%と19.2%の陽性率の違いが出た。

しかし、このことからわかるのは、密集した閉ざされた空間においても感染力は非常に弱いこということである。

この時点ですでに判明していたことであり、あとは嘘のつき放題で現在に至る。

今日は感染者(陽性者)が日本全国で391名。これは発症者では無い。

これを終息と言わず、次の第6波に備えて気を緩めるなと専門家や国は言う。
きっとゼロになってもこう言うはずだ。

”気を緩めるな、風邪はいつ流行するかわからない。薬を打て”


人類「Co2減らさなきゃ・・・」阿蘇山「噴火ウェーイCo29999億トン)」http://chaos2ch.com/archives/5292721.html
これはワロタ。人間よる地球温暖化の嘘がバレタ。
2

脆弱性からの弱体化  社会

メインストリームの科学や報道、政治経済やその他のデマやFakeや陰謀論と言われる人々の両者及び代替メディアが報じていないco19の問題は何かというと、

コビそのものの問題では無く、自然を無視した生活や食品などの汚染、化学物質の慢性的な暴露、環境汚染、放射能汚染、電磁波汚染、現代医学における化学薬品により作られた基礎疾患という慢性病であり、コビ19はその引き金に過ぎない。(実際はワクが引き金)

問題の本質は、このような生き方による人間の身体と心の弱体化による脆弱性に向けられておらず、対策がマスクや消毒、ワクチンというますます弱体化する方法に終始している。

このことが今回のコビという単なる風邪の嵐ー

実際は嵐でも何でもないが、おそらく弱体化(ワクチンなど)をより進めたことにより、今度の第6波とインフルエンザの流行があれば死者が例年よりも増えるものと予想されるー

そうして、人々は恐怖化からますます弱体化を進めて、管理された人間ブロイラー化の果てに自滅するものと思う。

要するにこの弱体化について全く語られておらず只々、お互いに目先のことで反目し合っているのを見る時、

人間には全く学びが無いと言うことを僕は改めて確認しました。

そして、僕がここで述べていること(弱体化)に気づいた人は、それを確認し、早くそのことから抜け出すことです。

そうしないと皆このこと(弱体化)に巻き込まれ、今後のあなたとあなたの関係する人の未来は現世において終わりを迎えることとなるでしょう。

そもそも、

基礎疾患をお年寄りの多数が持っており、薬漬けになっているという事自体がおかしいのだよ。

基礎疾患を持っているのは当たり前と思っていなかったか?


拍手コメントの方へ

ありがとうございます。そうしてみます。


拍手コメントの方へ

俯瞰して、本質的に考えると全体が見えて来ます。本質は変化することがありませんので、常にこの視点でいることはとても大切なことだと思います。

さて、胃腸の虚弱な患者さんですが、当院に来院されてもう10年以上です。その間にあらゆることを行いました。

その結果として、今があります。彼は胃腸以外にも2つ大きな病を抱えており、そのためにもなんとかしようとアドバイスをして治療をしてきました。

甲田先生や西勝造先生の方法もその中には含まれます。彼には出来なかったというか、合わなかったと言うか、乗り越えられなかったというか、僕の伝え方が良くなかったのか、いろいろと問題はあると思います。

そして僕は治そうと言う考えを捨てて、いかに快適に過ごせるかということを今考えています。

幸いなことにどの病気も進行しておらず、なんとか元気に過ごせており、調子の悪い時だけ当院に来院することになりました。

僕はこのような患者さんに会うことにより、治癒とは何か、治療とは何かを学ぶことになりました。

患者さんにはいろいろあって、必ずしも治りたい人ばかりではありません。

ただ、アドバイス頂いたように、僕はなんとか努力をします。

治療は患者さんと一緒に創り上げる物語です。その物語のストーリーはたくさんあります。

以下

難病の人には絶大な効果が期待できる方法です。紹介しておきます。

甲田光雄先生の著書、「生菜食健康法」「家庭でできる断食健康法」
「奇跡が起こる半日断食」

「背骨のゆがみは万病のもと」

「健康養生法のコツがわかる本」

西勝造先生の「原本 西式健康読本」

鏡野米子著「病と闘う食事」

ルイジ・コルナロ著「無病法」

上記の本をぜひお読みください。

皆さん快適に過ごせる日々を取り戻せますように。

僕も、もう一度彼にアプローチしてみたいと思います。

4

肩甲骨と首の凝り  鍼灸

気が見える彼女は、肩甲間部と首の強い凝りで当院に来院した。

僕を見て彼女はこう言った。

先生は蟲師の主人公に似ています。

僕は蟲師を知らない。最近ネットフリックスで観た。なるほど、蟲師か。

確かにそうかもしれない。僕は物心ついた時から本当にスピリチュアルだった。

それは3年前だったか4年前だった。決定的なものを見て確信した。

なるほどそうだったんだ。子供の頃から今まで考えると本当に生きているのは幻想的というかマジカルだと。

僕は未だに現実である現世とそれ以外の世界との区別がつかない。というかますますその他の世界が見えてくる。

放っておくとそのまま領域を超えてしましそうになる。

そしてこの世界がとても美しいことに気づく。

その間(境界線)に僕は浮かんでいるのだよ。

僕を蟲師だと言った彼女は元気になり福岡に向かった。きっと気の使い方も上手くなったはずだ。


クリックすると元のサイズで表示します


拍手コメントの方へ

僕の叔父は西式健康法の治療院を経営していました。西勝造先生と甲田先生から学び、僕の育った家庭は子供の頃から西式健康法で、家では毎日生野菜、温冷浴をして家に西式の機械があり(これは今でもあります)、金魚運動やゴキブリ体操、合掌がっせき、さらに毛管運動をして病気を治して育ちました。

20歳の時には断食を一ケ月しました。

西式健康法は毛細血管を開くのが大切だと言います。

胃腸の悪い患者さんは、子供のころの手術の失敗により腸が癒着して消化が本当に上手くいかないので西式は無理だろうと考えていましたがまた考えてみたいと思います。

いつもありがとうございます。
3

異次元の領域  症例

その人は子供の頃から虚弱で胃腸が非常に弱く、もう10年ほど当院に通っている。

60半ばとなった。

子供の頃にお腹の手術をして、本当に日々が大変だ。

とにかくいつも消化吸収が大変でお腹の調子が悪い。お腹の調子が悪いとはどういうことかというと、わかる人はわかると思うが、

メンタル的には本当に過酷だ。身体はいつも調子が悪く、不快で常にだるくてどうしようもない。

それこそ1ケ月のうちに調子が良い日など数日しかない状態で、一日の中でも変動が激しい。

だからほとんど不調と言うのが子供の頃から当たり前なのだ。

想像できる人がいるだろうか。

それでも自営業で成功している。

外から見たら本人の苦痛は全くわからない。

人間とはそういうものだ。

僕のところに通いながら、いろんな話をしてくれる。僕も鍼をお灸をしながらいろいろと話をする。

生きているのは過酷だけれど、本当に美しいと思う。

僕はまだ53歳だが、もう誰よりも長く生きた感じがするのだよ。


自分が妖怪(異次元の領域にいる)のような存在になりつつあるのを感じるな。
8

アキレス腱断裂後後遺症  鍼灸

その人は過去に事故でアキレス腱を切断しており、右足の中指から小指まで、あまり力が入らない。

それで身体のバランスを取りにくくて、右足外踝の周辺がとても痛くなり、歩くのに支障が出る。

診てみると膀胱経と胆経の経絡に問題がある。

わかる人にはすぐにわかるが、これは対応する経絡の2点の経穴(ツボ)に集約される。
治療後、痛みが軽くなり笑顔で帰られた。

もうすぐミニバレーができるようになるよ。

どの経絡に寒熱が波及し気の詰まりがあるのか見つけることだよ。


拍手コメントの方へ

そうですね。それくらいの働き方が誰にとっても良いリズムかなと思います。僕は週休5日を目指しています。

良い職場をみつけるのは大変ですが良かったですね。
4




AutoPage最新お知らせ