吉田鍼灸指圧治療院  治療院紹介

吉田鍼灸指圧治療院

当院は痛みに対しては徹底的にその場で結果を出すことを追求しています。

慢性疾患については鍼灸とともに食事を中心としてアドバイスで治癒もしくは生活に支障のないところまでフォローしていきます。

私は故安保教授と福田医師の設立した自律神経免疫治療研究会(現日本自律神経病研究会)の正会員です。

日本自律神経病研究会HP http://immunity-club.com/

正会員名簿(会員医療機関・治療院リスト)

http://immunity-club.com/facility/index.html

私の専門は鍼灸です。

施術料

初診料      1000円 
鍼灸(大人)   3500円 
中学生      2000円
赤ちゃん〜小学生 1500円

※国保で都城市の鍼灸の助成金カード持ってらっしゃる方は一回につき1200円の助成があります。
後期高齢者保険証(75歳以上)で宮崎市内に住所を持ち助成金のカードをお持ちの方は、
施術一回につき1000円の助成があります。
助成金のカードは保険証と印鑑を持ち最寄りの市役所または役場にて手続きができます。


※現在指圧は行っておりません。

いろいろと試したが良くならない方、あきらめずに当院に一度お越しください。


場所:宮崎県都城市南横市町7879−2
ゼンリン地図

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

пF0986−23−8531(予約制です)

診療日:現在のところ、毎週、木・金・土に限定しています。

Facebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa/

吉田鍼灸院 https://www.facebook.com/yoshida.yosihisa

クリックすると元のサイズで表示します
1

Yoshidavision 4月16日 New!  水彩画

アイテムを追加しました。

Tシャツとマグカップです。吉田鍼灸指圧治療院公式グッズです。

Healing acupuncture
癒しの鍼治療

クリックすると元のサイズで表示します


https://suzuri.jp/Yoshidavision



#猫の世界 #猫好き #かわいい #ぬこ #癒し #都城の鍼灸院 #宮崎の鍼灸院 #東洋医学 #サイケデリック #鍼灸 #いろえんぴつ #色鉛筆画 #水彩画





14

koronaという虚構により人々が一段と深い眠りに落ちていくという歴史を目撃する。  社会

koronaという虚構により人々が一段と深い眠りに落ちていくという歴史を目撃する。

koronaという虚構がもたらしたものは”気づき”では無く、大衆の深い幻想への誘いであった。

昨日のkoronaで亡くなった人々は全国で16名との報道があった。1一日に16名亡くなるということで大衆は恐れている。

今まで一日に亡くなる人の数を調べたらいい。一年で亡くなる人々の数を調べたらいい。誰もそのことに興味が無い。

テレビのニュースショーは相変わらず悲劇の方が視聴率が良い。

今回のことで”気づき”を得た人が多いそうだ。その人々は正義の味方を信じている。

だからkorona以降、正義を叫ぶ人が増え、人が人をもっと裁きだした。裁いている人は自分が正義だと言う言い訳に自己弁護という自己正当化をせざる得ない。

つまり正義の人は裁判官になり弁護士である。

さらにそのような気づきを得たと思っている人々は正義の味方を創造しはじめた。その人または人でない存在がリーダーとなり大衆を救ってくれるそうである。

その正義は善悪をジャッジし裁きを下す。正義がその悪を裁くやり方は、全く悪と同じ方法をとっているのに、正義の人々はそれに気づかない。

そして正義が悪となり、世界は再び悪に染まる。その時また気づきを得たと思っている人々の中で正義が始まる。その正義は裁判官になり弁護士になる。

とにかく”気づいた”という人は大衆をより深い眠りに導く。それは”気づき”では無く、より眠りが深くなっていることに気づかない。

これが”気づいた人の正体”である。

この正義(善悪)とか裁判官(裁き)とか自己弁護士(自己正当化)を行っている以上、目覚めることは無く、眠りは一段と深くなる。

眠りから覚めるには、常にこのことに気づいておく、そして外に対して自分を正義の人にせず、そのことにより人々を裁かない、そうすれば自己正当化する必要も無い。

外を変えてもあなたがそのことに気づいていなければ、あなたは常に人を裁き、自分を弁護しながら生きていくことになる。

それは闘いの世界である。そして幻想の世界で大衆は闘う。

私が正しいと言わざるを得ない。

かくして世界は常に正義がはびこり、そこには戦いの世界が展開される。

このことを拡大しているのが、悪に気づいた、私は気づいたと
思っている人々が虚構に対する大きな虚構を創り上げ問題を起こし始めることになっているのです。

これは常日頃、私が言っている何も存在しないところから問題を創造する存在しない過去と未来の中で不安と恐怖から脳内の化学物質放出による感情中毒症状、つまり幻想の世界に住む人々の虚構の創造である。

まさにマジックに陥るのです。そしてまさにそういうことになっています。

このkoronaはそのことを観察できる人に明確に観察させることになりました。

そして観察できる人は、大衆がより深い眠りにつくところをまさに今、観察している訳です。

大衆は目を覚ますことが出来ないままです。いや、目を覚ますのことが嫌なのでしょう。


【告知】
<講演会案内>アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

申し込みはこちら ・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

<講演会案内>

・テーマ
アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

・日時  令和3年6月20日(日)
     9時30分〜15時

・会場  愛知県小牧市ラピオ4階
オンライン zoom配信あり

・講師  本間真二郎(医師・医学博士・七合診療所所長)
  
    自然に沿った暮らし研究所 https://shizenha-ishi.com/

     吉田純久 (鍼灸師・吉田鍼灸指圧治療院代表)
 鶴田ナオキ(市民団体THINKER主宰)

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

・費用  3,500円(会場・オンライン)

・託児  あり 500円/1人 (1歳以上〜)

・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

・主催  『奇跡を起こす子育て』オンラインサミット事務局

・連絡先 高橋奈美 090-6647-1073
     nami_happyday@yahoo.co.jp

     https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V



2

風邪死は非科学的で根拠ゼロ〜風邪で亡くなる人は本当に存在するのか?  社会

風邪で亡くなった方は16日現在で9592人となっています。
しかし、すでに1年を経過しているので本来はリセットする必要があります。この数字を積み上げることで錯覚させ恐怖感を積み上げることになります。

さてもうすでに1年を経過しました。ほぼデータを揃っています。しかし、変異したと大騒ぎをしています。

インフルエンザを考えてみてください。ウイルスは毎年変異します。流行している時期にも初めと終わりはすでに変異しています。

インフルエンザはワクチンが長い間存在しますが、一度もインフルエンザを撲滅する事無く、そして流行を防いだこともありません。

しかし、今度の風邪に対するワクチンには何故か期待している人が存在しているのです。
風邪を抑え込みましょう。風邪を根絶しましょうとテレビやラジオから流れます。人類史上一度も風邪を根絶したことはありません。

何故、このような科学を偽装したデマに大衆は導かれるのでしょうか?

考えてみてください。

答えはこうです。大衆は考えていないからです。

風邪で死んではいけない大衆は言います。交通事故では死んではいけないから車に乗るのは止めましょうとは言わないのです。

交通事故で死ぬ確率を減らすには車に乗らないことです。これはワクチンより、風邪を抑え込むより有効な手段であるにも関わらず、それを言わないし実行しないのです。
そんなことは現実的では無いと大衆は考えているのです。

でも、風邪の現在、もっと現実的では無いことが行われています。

風邪で死なないように、車に乗るどころか外出を制限しようとしているのです。そとに出て歩くのを止めましょうと。

外に出るのを止めましょう。

果たしてこの戦いにどうやって終止符を打つのでしょうか?ここまで命を大切に、風邪で死んではいけないと言っている以上、その線はどこに引くつもりでしょう。

仮に死亡者が3000人になればOKなのでしょうか?それとも1500人。どうやって皆さんはその死を受け入れ線を引くのでしょうか?

単なる風邪でここまで来てしまったのです。風邪を引き起こす200種類以上のウイルス、細菌のうちのたった一種類を虫眼鏡で拡大し、人間が死ぬのは風邪だけでは無いのに、そのうちの風邪と言うものを虫眼鏡で拡大しそれを見ているのです。

病気は事故は多数あり、命を落とす理由はいくらでもあります。

そのうち比較すると風邪で亡くなるケースは本当にレアケースになります。

果たして、今回においても純粋に風邪で亡くなった人がいるのかを考えると本来は風邪で亡くなった人は存在しない可能性もあるのです。

何故なら、亡くなる人は寿命を迎えたお年寄りや、深刻な基礎疾患を抱えた人になるからです。

これは風邪で亡くなったのか、寿命なのか、基礎疾患なのかわかりません。ただ言えるのは健康な人が風邪で亡くなることは無いということです。

では、寿命で亡くなる人や深刻な基礎疾患を持った人を守らなくていいのかと言われると、それは守る必要があると私は言います。

現在の問題は何か?というとそれを分けて考えていないということです。全ての生活がそのような風邪で亡くなる可能性がある人に焦点が当てられているということです。

それを基準に私たちの生活を制限しているということです。

そうすればすべてが繊細にならざるを得ないのです。そしてすべての活動は制限されます。
果たしてこの基準をどうやって解決するかということが要求されることになりました。

この基準を解決するには風邪で亡くなる人が3000人になればいいのか?1500人になればいいのか?ではその1500人には諦めなさいというのか?

100人になればいいのか?その死因は昨日まで風邪だったけれど基準を変えたので、あなたは風邪死ではありませんというのか?

そう考えると大衆は本当に気分だけで物事を決めており、政治家は大衆を単に騙しているだけに過ぎなくなります。

何故なら風邪は決して根絶できないからです。

今回の騒動はそこまで来たのです。しかし、大衆はここまで考えていないから、このことはわかりません。

ただ、ブームが去るだけです。それは納豆が健康に良いというブームと同じです。
そうして虚構の世界は続き、大衆は騙され続けるのです。ずっとそうなのです。結局のところ大衆は夢を見ていたいのです。

現実は恐ろしいと思い込まされているので夢の中に逃げ込むのです。

しかし、実際は美しい花が目の前に、そして足元に咲いているのです。

多くの人々は思考が今に無いので、その花は全く見えず、踏みつぶして歩くのです。それがこの世界に混乱と苦痛を恐怖を与えているのです。

そしてそれが嫌で幻想に逃げ込み夢の世界で生きているのです。

思考できる人は、今回のことをよく観察し、人間は死ぬということを良く考えることです。そしてその中でどう生きていくのが良いのか、個人的に考えることです。

それが人生の豊かさをもたらすと私は考えています。



【告知】
<講演会案内>アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

申し込みはこちら ・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

<講演会案内>

・テーマ
アフターコロナ・新生活様式から考える『真の幸せと健康』とは

・日時  令和3年6月20日(日)
     9時30分〜15時

・会場  愛知県小牧市ラピオ4階
オンライン zoom配信あり

・講師  本間真二郎(医師・医学博士・七合診療所所長)
  
    自然に沿った暮らし研究所 https://shizenha-ishi.com/

     吉田純久 (鍼灸師・吉田鍼灸指圧治療院代表)
 鶴田ナオキ(市民団体THINKER主宰)

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

・費用  3,500円(会場・オンライン)

・託児  あり 500円/1人 (1歳以上〜)

・申込み https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

・主催  『奇跡を起こす子育て』オンラインサミット事務局

・連絡先 高橋奈美 090-6647-1073
     nami_happyday@yahoo.co.jp

     https://kiseki-kosodate.com/p/r/rnQy163V

拍手コメントの方へ

ありがとうございます。



3

観察のポイント  社会

観察のポイント

今まさに行われていることへの観察のポイントをいくつか記載したいと思います。

東京都知事は東京へ来ないでくださいと言います。買い物は3日に一回にして下さい。
そして感染拡大地域には蔓延防止法により罰則が適用されるようになりました。

テレビではたった数人の専門家が密室、密閉、密集の3密を避けましょう。マスクをしましょう、手洗い消毒をしましょう、ワクチンを打ちましょうとマスコミと芸能人を利用し、あたかもそれが良いことで、それを出来ない人はマナーが悪い迷惑な人のように
叫び続けます。

政治家はそれを利用してヒーローになろうとしています。マスコミや製薬会社やその他企業は利益に乗じます。

大衆はそれに乗っかります。あるいは搾取されます。

物質文明から精神的豊かさへと言っていますが、相変わらずここぞとばかり大衆は金を求めてチャンスを狙っています。

毎日のように感染者が発表され、変異株が出ました。感染力は強くなっていますと危機感を煽ります。

街頭で大衆の声としてマスコミに登場する人物はとても上手にコメントをします。まるで台本があるかのように。

新しい生活様式をとテレビでラジオで垂れ流されます。

愛は地球を救うようです。

@どこまで大衆は滑稽なことや行動の制限、自由の制限を受け入れるのか?
A滑稽なことがどうやって正常なことに変容していくのか?
B感染者がどこまで減少すれば発表を止めるのか?
C変異ウイルスについてどこまで変異を追いかけるのか?
D普通の風邪と同じようにとはどういう意味なのか?
E死亡者がどこまで減少すれば良いのか?
F現在死亡している人は寿命を迎えた人や、重篤な基礎疾患を持っている人だが、今後、この方たちの死をどう捉えていくのか?
G風邪を引き起こすウイルスや細菌は200種類以上ありどれも
寿命を迎えた人や、重篤な基礎疾患をを持って老いる人にとっては脅威であるが、この問題をどう考えるのか?
Hそもそも死んではいけないとはどういうことなのか?
I超清潔社会をいつまで続けるのか?

まだまだあります。すでに大衆は問題を問題と捉えることが出来なくなっています。
死んではいけないという愛の名のもとに言葉を失っているのです。
子供たちは今の世界が当たり前として育ちます。今現在、私達は両親とあるいは祖父母と会うことができません。

子供たちはマスク社会においてその人の顔を見ることなく育ちます。幼稚園や学校の先生の顔を見たことが無いのです。

そして潔癖症として育つでしょう。

この子供たちが大人になった時に、その親の世代はその大きなつけを自ら体験することになるでしょう。

ある年齢になると、子供たちと会うことはできなくなるでしょう。子供たちは清潔病なのです。そしてお年寄りは死ぬかもしれない人々です。

別れて暮らすことになります。その時、まさに姥捨て山が完成するはずです。そこにはお年寄りと触れ合うという暖かい体験が無いからです。

あなたたちはこのようなことをしているのです。

私は大衆には思考が存在していないと言います。

さあ、大衆に思考が無いか観察してください。まさにそのようなことが起こっており、今後も起こるでしょう。

観察してください。この感情劇場をこのドラマチックな愛の劇場、まさに幻想の世界を。
そうやって人々は人生を終えるのです。何も思考する事無く。

子供たちは可哀そうでは無いのです。何故なら今が当たり前の世界として育つからです。
可哀そうなのはあなたたちなのです。そしてその責任は自分で背負うことになるのです。
6

I am an acupuncturist.  水彩画

I am an acupuncturist.
私は鍼灸師です。
#鍼灸師 #色鉛筆

クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 色鉛筆画

巨悪は存在するのか  社会

巨悪は存在するのかと問われれば、確実に存在していると言える。

しかし、そこはかなり下っ端になる。

ではその上の巨大な悪は何かと考えた時に、そこはすでに善悪の概念を超えている。


私はいろいろな研究者を知っているが、自分の研究が悪に加担しているとは全く考えていない。むしろ良い人が多い。

彼らは企業にあるいは研究施設に雇われ、自分の責務を全うしているだけでそれが悪だとは思っていない。そういう人が多数である。

その上に巨大な悪が存在している。そこに近い研究者はすでに魂を放棄している。ここが悪の巣窟になる。

そしてそれを超えた立場の人々は善悪を超えている。これが巨悪の正体だ。

ではそれがいかに悪魔的かというと、善悪の概念が無いというところである。

庶民は善悪の概念を持っている。支配者は善悪の概念が無い。彼らは何でも行うことが出来るということだ。彼らに善悪の概念が無いと言ったが、正確には行うことは善だと考えている。

それを大衆は恐怖に感じる。何しろ目の前に展開されるのは本当に悲惨な地獄になるからだ。

しかし、支配者にとっては家の中でゴキブリを叩き潰す、あるいは蟻をネズミを殺す程度のことに過ぎない。

それはおそらく私達も日常的に行っていることである。

つまり、私達の中に悪は潜んでいる。それを気づいており、その悪を行使することをどう考えるかと言う視点が大切だ。

何故なら、それが支配者の心理と同根であるからである。

つまり支配者も恐怖で震えているのだ。あなたが震えているのと同じ理由で。

私達は、何もかもがコントロール(教育、科学、医学、物理学、道徳、経済学、生物学など)された社会で育てられたので、何一つ真理を学ぶことなくここまで辿り着いているのだ。

本当に危険な状況だと思います。

それが大衆の恐れを生みだし、支配者の恐れを産み出しているのだと思います。

本来は悪は存在できないのです。何故なら人体は完璧に創造(デザイン)されているからです。

このような気づきは世代を超えてあったと思いますが、人類は同じことを繰り返しています。

やはり気づきは大衆には無く、超個人的なものに留まるのか?

観察することが大切です。
7




AutoPage最新お知らせ