ばってん  

家族構成が変わると、どうしても間取りを変えたくなるもの。

お子さんが大きくなると、個室が欲しくなり、

お子さんが成長して家を行くと、こんどは部屋を広く使いたくなる。

でも、気をつけないといけないのが構造。

壁をとっちゃえ。と思うほど抜けないのは、皆さんもご存じだと思います。

ポイントは、柱と柱の間は1.8m(柱と柱の芯の距離が)必要だということ。

最近は、大壁つくりで、昔の家のように、柱がまったく見えないのでわかりにくいところだと思います。

「じゃあ、家でそれ以上間があいている、掃き出しなどはどうなってるの?」と疑問に思われるかもしません。


その場合、柱と柱の上に乗せる桁在の幅(横×縦×長さの縦)を太くしているのです。

ですから、リフォームの場合、すでに桁の縦の幅が決まっているので、柱をとる場合、

桁も交換しないといけないのです。


それともう一つのポイントは、「それでも柱はできるだけ抜かない。」

理論上そうですが、既存の屋根が瓦だったり、すると相当の加重がかかっています。

柱を抜くのでなく、柱を邪魔にならないようにずらす、とか念を入れた方がいいと思います。

テレビでは、壁からなにまですべて解体して、柱や桁を一度露わにしてからリフォ

ームする時に、その手法をとりますが、しっかり桁の太さなど、素人の人では分かりに

くいところが肝心です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

和室と様間が押入れを挟んで隣り合っていたのを、押入れを取り払い、つなげた物件です。

柱を残し、クロスで仕上げる。そして、通り抜けるところにあった筋交いを、ずらして

塗装で仕上げました。

建築も安心が一番、そしてデザイン。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ