古くてかっこいい〜  

「古いからカッコ悪い。」そう思い込んでしまうのが人間。

バブルの頃、効率化をもとめすぎて、「安かろう悪かろう」を体験した私たちは、平成に作られたものを素直に見ることができなくなりました。

でも、一昔前でも、当時は大変貴重だった製品には、手間暇かけた分、素敵なデザインが残っています。

今も残る、アンティークなものは、使い捨てではなくて、生活になくてはならないものででした。

親から子へ、そして孫へ、引き継がれるために、丈夫であり、飽きが来ないシンプルだけれどとても美しいスタイルでした。

私が10年愛用しているセイコーのねじ巻き時計も、戦前に実際使われた時計の復刻版ですが、飽きないどころか、美しいと思います。

そして、また見つけたのが、こちらの写真のミシン。

クリックすると元のサイズで表示します

この無駄のないフォルム。なんと美しいことでしょう。ぞくぞくします。

「電気式より、慣れるとずっと使いやすいですよ。」まだお若い方ですが、実際に使われています。その方のセンスの良さが輝きます。

今でも現役なのが、一層素敵ですね。

私の愛用のカメラも、デジタルカメラの出現で、仕上がりでかなわなくなりました。

それでも、あの「カシャ」という音は、す〜っと気持ちを落ち着かせてくれます。

懐かしくて、素敵なフォルムで、現役で仕える。

今のその着物は残っていないかもしれませんが、ミシンを使って子供に洋服をつくってあげた思い出。

恋人あうため、時計を気にしながら着替えをした思い出。

桜の下で撮った記念写真の思い出。

ふときづくと、そんな素敵な思い出のつまった機械を今でも使っている生活。

リフォームの仕事も同じ思い出でしたいと思います。

素敵なミシンを撮らせて頂いてありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ