角地を活かす。  

正方形でなく、三角形状の土地の場合どうしても、角っこの使い方が難しいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

今回頂いたお仕事は、物置を立てるためのスペースと花壇でした。

物置は施主様が既にサイズを決めておられたので、指示いただいた大きさがはいるコンクリートスペースをとり、残った部分に花壇をデザインしました。

曲線をうまく使うと、奥行きがあるように見えます。

それを利用してデザインしたのが、こちらの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

すごく楽しい庭になりませんか?

ちなみに反対側からは

クリックすると元のサイズで表示します
だったのが、

クリックすると元のサイズで表示します
この様に見えます。

曲線はCADなどコンピューターで表現しきれないので、

鉛筆で何度も線を引いて良い線を見つけていきます。

小さなスペース活かせば、敷地全体が更に魅力的な土地に変わります。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ