なぜか、今年も  

なぜか、今年も飯田橋の設計事務所に通っている私がいます。

木造建築の設計では、日本一と言われる吉田桂二先生。

人気の建築雑誌「チルチンびと」では毎回原稿を書かれている方。と言うと思い出す方が多いと思います。

その吉田先生が、木造建築の技術の衰退を嘆き、学校を始めたのが7年前。

学生の入学は不可。実際に現場で建築の仕事をしている人しか参加せきません。

私もその学校に入学し、二か月に一度飯田橋に通いました。

毎回課題の宿題がだされ、参加者40人全員吉田先生に実際に採点して頂きます。
(勉強した人間にとって、直接教えてもらえるなんて幸せなんでしょう)



しかし現実は甘くないもの。

私も二級建築士の資格は持っているものの、ほとんどの方が、設計事務所で設計を専門に普段仕事をされている方ばかり。

残念ながら、昨年は上位10人に入れず、今年も先週飯田橋に雨の中、通っている私がいました。

「恥ずかしい思いをして、上手くなるんだ。普段だれにも怒られないからだめなんだ。」と普段授業で言われているとおり、

吉田先生の課題のコメントはとっても、辛辣ですが、それがまたありがたいのです。

「あ〜まだまだな〜。」といつも落ち込んで飯田橋を渡ってとぼとぼ総武線で帰ってきます。

私は林業の家に4代目として生まれました。

木を使った家なら売れる。のではなく、山の木を活かし、木を使った家こそ、住む人が幸せになれる。そう信念しています。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ