アートな春  

先日石原和幸先生の出版パーティーに参加した時、

時間があったので、上野の東京都美術館で開催されている、アートアンドクラフト ウイリアム・モリス展を見てきました。http://www.tobikan.jp/

19世紀後半のデザイン運動で、その中で特に有名なのが、ウイリアム・モリスです。

イギリスは産業革命で大量生産の時代、商品の美しさよりも、生産性を重視された社会で、インテリアなどのデザインに興味のある方はよくご存知だと思います。

伝統的な職人の技を、その製品の中に取り入れようとする人たちの作品や商品が展示されていました。

その形や花や草の模様を取り入れたデザインは、中世の絵画の様に美しく感じられます。

どんなに製品が機械化されても結局はデザインは花や鳥など自然から取り入れていることの興味がわきます。

そして、その運動が日本では柳宗理さんを中心として民芸運動となり、地元では益子焼で人間国国宝の浜田庄司が活躍されます。

デザインは、それぞれの分野だけでなく、佐藤卓さんや、佐藤可士和さんのように、
TVCMだけでなく、商品のプロデュースや幼稚園や大学まで巾ひろく扱う人たちがいますが、

それは19世紀のイギリスでも、レストランのデザインを、メニューやテーブル、ファブリック、建物とすべてデザインした人もいたように、昔からあったようです。

オリジナルを探していくと、浜田庄司さんのすばらしさなど、いろんな物を発見できるので、美術館の企画展も短期間で深く吸収できてありがたいです。

古くは日本では、千利休・小堀遠州さんもあらゆる面のデザイナーでお庭に大きな影響を残しています。

クリックすると元のサイズで表示します
上野動物園の前では桜が咲き出しました。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ