石原さんとさだまさしさん2  

昨日の石原先生の出版パーティーの発起人は、脚本家の市川森一先生と、歌手のさだまさしさん。

石原さんと同じ長崎を代表するお二人が式場でご挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します
(ピントがあってなくてごめなさい)

実は私、さださんの30年来の大ファン。最近もなつかしの名曲「雨宿り」を聞いて思わず「涙がポロリ」と運転しながら聞いておりました。

大好きな理由は私の姉が、グレープの頃からのファンで、隣でず〜っと聞いていたからです。

こんな時は、姉孝行。姉をパーティに誘いました。

「絶対にさださんと姉のツーショットを撮る」そう前日から強い覚悟を決めての当日。

式の途中さださんが紹介されて入場。

スピーチの後、知り合いの方々を歓談中。

姉を従え、いきなり、「すいません、私栃木から来たんですが、30年のさださんのファンです、つきましては、私の姉と写真を撮らせて頂けないでしょうか?」と強引にお願い。

「え〜、いいですよ。」とても気さくに応じてくれました。

私は握手をさせて頂くので精一杯。でもとても強く握手して頂きました。

姉の幸せそうな笑顔。今まで一度も近くで会ったことがなかったそうです。

「出会いはいつでも偶然の風花の中〜」

さださんありがとうございました。もっとスキになりました。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ