小さなことに  

先日生花の研究会に参加してきました。

生花をはじめて、もうすぐ3年になります。

きっかけは、ガーデニングで金メダルの石原和幸さんの影響をうけてのことでした。

石原さんと一緒にお庭を作ることがありますが、

いつも現場での、デザイン、植栽の見せ方はすごいの一言に尽きます。

天才と言っても過言ではありません。

そんな石原さんに少しでも近づきたい。と思って始めたのが、石原さんと同じ流派の生花でした。

3年続けて、やっと自分の作った作品の未熟さを、自分で素直に反省できるようになりました。

研究会でも、最初は先生に教わった通りに活けたのに、なぜだめなんだろう。と意固地になっていたのに、

最近は、「なるほどここがいけない。」「他の先生の言っていることもその通りだ」「先生によって教え方が違うが、それこそ勉強になる」と考え方がずいぶん変わりました。

生花のいいところは、わずかな傾きや、高さ・ボリュームの違いでデザインや美しさが大きく変わることを習ったこと。

仕事でも人生でも同じかもしれません。

竹内均さんの書かれた本に「修身のすすめ」という本があります。

以前ある方の本にすばらしい本だと書かれていたのですが、既に絶版。

でも、念ずれば花ひらくもの、図書館で本当に偶然見つけることができました。

修身といえば、精神主義のように思われがちですが、作者の竹内さんは本来科学者で、東大教授であることから、とてもすばらしい作品をいつも書かれます。

「人から受けた親切に対する感謝についてこう述べています。

私達は感謝する境遇にありながら、とにかくそれを忘れがちである。

ひるがえってみると、世の中に人たちが私達に不親切であって当然である。

それぞれの人たちは、自分が生きていくのにせいいっぱいだからである。

自分自身のことを考えればすぐに理解できるであろう。彼らは私達に対して、当然すべきことをしたわけでなく、この世の中ではあり得ない事をしてくれたのである。

このように考え、彼らに対して私達は素直に感謝すべきである。

このように感謝はこれを探し出してすべきものである。その気になって探さなければ、感謝すべきことなどはこの世に存在しないのである。

科学者らしい、ものごとを合理的に分析し、すばらしいアドバイスではないでしょうか。

でも、小さなことにすべて気づき、悩んでいると逆にたいへんです。

感謝すべきことは、自ら見つけ出す。

しかし、反面取り越し苦労や、ささいなトラブルは、気づいても早く忘れた方がいいのではないでしょうか。

家族でも、職場でも、ささいなことに、感情的になり、ことが大きく発展して本来の仕事に大きな障害になる話が身の回りにたくさんあります。

近所間のトラブル、離婚、会社関係など、ちょっとしたミスや、お互いの思い違いで、一生を棒にふるってしまうこともあります。

例えば、会社経営でも、大きな問題が発生した場合、全員で一丸になり乗り越えたのに、社員間のちょっとしたいざこや、待遇の差などで、バラバラになってしまうことは本当に多いのではないでしょうか。

個人でも同じ、あまりに細かいことにまで、神経質になり取り越し苦労をしていると、元気や笑顔がなくなり、やりたいこともすすまなくなり、まわりの人からもうとまれ、
魅力がない人になるという、悪循環になってしまいます。

感謝は小さいところまで探す。悩みは小さいことは忘れてしまう。

同じ小さい事でも、対応がまったく違うものです。

チェルシーフラワーショウで、3連続金メダルをとった石原さんは

チェルシーの審査委員から、「こまかいところまで気をくばる技術を、私達に教えて欲しい。」と言われたそうです。

ちょっとした、葉を落としたり、バランスを変えたりする生花は世界に通用するようです。

小さなことに気づくことをどう活かすかは、仕事も人生も同じだと、自分に言い聞かせています。






クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ