逆転  

3年使ったプリンターもついに寿命。

メーカーに持っていけば、修理が可能でまだ使えるのですが、部品交換の費用が17,000円かかるとのこと。

いろいろ考えた末、新しいプリンターに交換することに決め、仕事帰りにY電気に行きました。

店に入るまでは、100%使い慣れたE社製を買うことを決めその商品を眺めていたところ、赤いポロシャツを着たメーカーの女性が一生懸命商品を説明してくれます。

気づくと、私が見ていた商品は実はライバルのC社製で、その女性はC社の社員の方でした。すごく感じが良く、とても親切。

日曜の20時を過ぎた頃、もう疲れていてもしょうがないのに、熱意が本当に伝わってくる説明です。

「とりあえず、E社製も見てくる。」と行って、見ていると。彼女はしばらくしてから、やはり私のところに来ます。

自社の商品のいいところを説明して、他社の商品の悪口までは言わなくても、欠点を言うだろう。思っていたら、

「最近、私E社の製品も勉強したんです。」と言ってそのE社の良いところを説明しだすではありませんか。なんともすばらしくさりげない一言でしょう。

「あなた、問屋さんの方、それともメーカーさんですか?」と聞くと「C社の者です」との答え。

参りました。長年使いなれ、純正の消耗品の在庫もあったのですが、彼女の姿勢はすばらしいものでした。

つい、C社のコーナーに戻り、コレ下さい。とお願いしていました。

その後も、他に欲しいプリンター関連商品を尋ねると、Y電気の社員のところまで行ってその場所を教わり、そのコーナーまで連れて行ってくれて、更に会計コーナーまで案内してくれました。

私も同じ営業にかわりありません。彼女の熱意に本当に心打たれました。

そして自分の立場に置き換えると、たくさんの気づきがありました。

増改築の場合、最初に立てた工務店さんがあった筈です。でもそこに依頼せず、私どもに依頼いただくことと、同じではないか。

別に最初に建てた工務店さんでも良かった。または他のリフォーム会社に決めていたのに、木りん倶楽部に出合ったので、変更して頂いたかもしれません。

その様なお客さまの気持をしっかり感じて工事をさせて頂かなくてはいけない。

そして、ライバル社の悪口は決して言わない。

プリンター以上にすばらしい経験をしました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ