薔薇と金  

「二兎を追うものは一兎をもえず。」

大好きなビックコミックオリジナル。

毎回読んでいるのですが、「もったいないから、いつも本を買うところで立ち読みさせてもらおう。」と思ったものの、結局時間もなく、やっぱり続きが読みたくて買ってしまいました。

「お父さんジャンプ買って〜」と三兄弟からの要望も、漫画読むなら本を読みなさい。と言っておきながら、ついつい仕事で行き詰ると買ってしまいます。

もうしょうがないな〜。

毎月20冊くらいの本を古本屋さん、図書館を含め手にとっています。

さらに、もう一度読み直したいという本もあるのですが、土日も休みがない今、なかなか時間がありません。

でも欲はとっても深いもの。

本を同時進行で読みます。

考えてみると、テレビのドラマも一緒ですよね。毎週、「薔薇のない花屋さん」「金八先生」「フルスウィング」「篤姫」と全く違うジャンルのドラマを見ても、楽しめるのですから、本だってできるのかもしれません。

(でも3冊以上は無理と最近気づきましたが・・・)

仕事も同じ。同時進行の現場は必ずありますから、こちらはきちんとこなす努力をします。


でも最近感じたのは、同時に二つのことはできない。

矛盾していますが、目の前のことは同時にできない、という意味です。

ついつい忙しいと集中力が途切れます。

Aさんの仕事をしながら、Bさんの仕事でし忘れたことを思い出し、手をとめてしまい、更にCさんの仕事まで思い出してしまい、Aさんの仕事が結局終わらなかったとか。


つい自分を過信したり、大戦の頃の精神論でなんとかできると思ってしまったり、(話は脱線しますが、日露戦争の頃の日本人は、精神論を諌めたそうですが・・・)同時にできると錯覚していまいます。

そりゃそうですよね。同じ時間のドラマを両方みることはできないし、録画しても左目で薔薇、右目で金八で見ることはできないですよね。

まず、薔薇を見てから、金八をみる。時間をずらせばできます。

同時に進行するには、計画する。無理なら、時間を分けて集中する。この時間はこれをやる。ついつい当たり前のことを忘れてしまいます。

幸せも不幸せも同じ。

笑いながら、泣く事(感動の涙は別)は同時にできないのですから、いつも笑っているようにしたいですね。



































0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ