お受験  

○ドラえもん。

昨年は次男の中学受験。

今年は長男の高校受験です。

昨年の経験もあり、

我が家は19時以降勉強禁止。


冬休みという楽園に入った、三兄弟。

ついつい朝から夜までだらけてしまい、夜は12時近くまで起きている状態。


試験開始は朝の9時だ〜。との号令で、脳を朝型にするため

今日から午前中勉強。夜は勉強禁止。

最初の受験まで一週間になり、という戒厳令をひきました。


長男に受験日はいつだ?と聞いたところ、

「1月6日。」

「やっぱり、わかったなかったわ。」とは家内の弁。

実際は1月4日でした。

のんびりタイプの長男です。


「我が家は31日・1日以外はテレビ禁止。」と更に全員が揃う朝食で発令すると。


わ〜。と急に泣き出したのは、三男君。

「大好きなドラえもんが見れなくなる〜」と本気で泣いています。


「大丈夫今週はお休みで、大晦日に年末スペシャルがあるから」となぜか知っている私。

「そのかわり、僕大きなテレビで見るから、紅白は別のテレビで見てね」とは三男。

よっぽど、彼の人生にとっていかにドラえもんの存在がとっても大きいのがわかりますね。


○祝いお花。


昨日は生花で万年青を生けました。

伝花といって、池坊の昔から伝わる、上級用のお花です。


普段から、まだ看板もとっていなのに、

よほど態度が大きいのか、

数少ない男性で過保護なのか、

「まだあなたには早い」といわれながら、強引に今年も

お正月用に、万年青を活けさせてもらいました。


うちの先生は、教える時、

先生が、一度作ったものを、生徒に活けなおさせて覚えさせます。


他の教室では、先生がほとんど教えず、生徒が勝手に作っておしまいにすることが多い。

普段から、そのことを問題にしているので、きちんと教えたいそうです。


確かに、最初の数年はそれが一番勉強になるのですが、

それでは、材料を選び、どれをどう使い、鋏で切り、仕上げることを

いつまでたっても覚えられない。


また普段教室以外では花を活けられなくなる。


そう思い、今年は自分で切らせてもらい、活けてから、指導してもらうようにしていました。


先生も普段私以外の場合、ほとんど自分でやってしまうので、最初の頃は、そわそわしていました。


さて昨日の、万年青。

万年青は、花は一輪もなく、葉だけでいけます。

「いや〜今日は難しいから、先生に最初から教えてもらおう」と思っていたら、


「橋本さんの言うおとりだは。今日は見本があるから、その通り自分で活けてね」

「......。」


終わった後、直して頂き、たいへん勉強になりました。


お花も同じものを毎年生けると、

去年とは、まったく違う見方ができるようになるのも、本当に面白いです。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり池坊はいい。


○奇跡

おめでとう

みんなの努力が

すてきな奇跡をおこします。

私がよくみる斉藤一人さんのHPの詩です。

http://www.hitorisangayatteru.com/index.php


すこしづつ、すこしづつ、努力していると、ある日とんでもない奇跡が起こるものです。

奇跡を起こしたかったら、あせらずすこしずつ気長にジワジワと努力することです。

そう解説が書いてありました。


そうなんですよね。

よく自分にも言い聞かせるし、子供達にもいうのですが、

「がんばってやり続ければ、突然雷に打たれたかのように、いきなりできるようになる。」


結果って、徐々に屋根の勾配のように、上がっていくのでなく、

スキージャンプの滑走すべり台のように、最初は真っ直ぐで

急にぐ〜んときつくなりますよね。


最初は効果ないように見えるから、みんなついつい諦めてしまう。

また楽なので、なまけてしまう。


私はときどき、お客さまに手紙を書いたり、団地をまわってポスティングを時々します。

そうすると、あら不思議。問合せがかならずあります。

それも、手紙を書いていない方や、ポスティングしていない地域から。

「本当にそうですね〜。不思議だわ〜。」昔仕事を手伝ってくれていた、年配の女性の人が不思議そうに話していました。

明日を信じて、打つべし打つべし。(明日のジョーより。ふっる〜。)












































0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ