神様ごめん  

人間は失敗する生き物。


いくら口で立派なことを言っても、結局は自分本位の行動をしたり、

言葉で相手を傷つけたりと、後で猛烈に反省することがしばしばです。


飲みすぎて失敗することもあります。

仕事でも、自分でも失敗するにも関わらず相手に、完璧を求めたり、


お客様に工事で約束したにも関わらず、打合せミスをしたり、時には業者さんのミスもあったりと、100%完璧にすることは、なかなか行かなくて反省しています。

なんとか一生懸命に仕事に取り組ませて頂き最終的には喜んで頂くので精一杯でしょうか?

いろんな失敗の後、落ち込むのは人の常。

夢の中で出てきたり、何日も落ち込んでしまったりと、体の傷と同じように忘れるまで時間もかかったりします。

「悪いことをしたら、懺悔する。仏様に苦しみや悲しみを打ち明ける。大切なことです。」

若い頃、自由奔放に生きてきた瀬戸内寂聴さんならではの言葉。

宗教とか、お願いごとの対象ではなく、


自らの罪を素直に認め、

押しつぶしたり、我慢したりするのでなく、おおらかに認めてお詫びする。

心が癒される気がします。


かの名経営者の稲盛さんもこんな話をします。

何か罪を犯したりした時は、「神様ごめん」と言って引きずらなかった。という話を本で読んだことがあります。

罪を犯さない人はいない。


でも引きずらないことも幸せの一つ。

先人に学ぶ行き方の極意でしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ