ドアマン  

ホテルの入り口に立つドアマン。

その中に伝説のドアマンと呼ばれる方がいます。


最近、図書館のCDを借りるのがマイブーム。

忙しいから、勉強ができないとか、東京に行かないといい話が聞けないとか、

高いお金を払わないと、すばらしい人の話がきけないとか、

人はあるものを活かさず、無いものねだりしてしまいます。

私もその内の一人。


以前は良く東京までセミナーや講演会に行ったのですが、今ではさっぱり。

こんなんではいけないと思いつつ、愚痴ばかりこぼしていました。


でも、図書館に行けばいろんな人話を、無料で、自分の好きな場所で、聞くことができるのです。

特にオススメはラジオ深夜便。すべて興味のある人ばかりではありませんが、

最近では、あのスクールウオーズの元になり、プロジェクトXでも有名なラグビーの監督の話では、運転ができないほど、涙があふれ、

世界に誇る日本のギターメーカーの創業社長の開発の苦労話など、すごくエネルギーをもらいます。

今日現場の移動中に聞いたのは、伝説のドアマンといわれるホテルマンの話でした。

それまで畑違いの倉庫管理の仕事をしていた人が、34歳で転職してホテルマンになります。

英語もフランス語も話せないので、すぐにドアマンにはなれませんでしたが、補助的なをしているうちに、半年後にはドアマンのリーダーになります。

先輩に言葉も話せない、ドアマンの経験もないおt悩みを相談したところ、最も大切なのは、人は初対面の6秒で相手を見抜くと言うが、お客様にいかに接するかの方がもっと大切だという話を聞きます。

彼はそれならばと、お客様の顔を覚えようとします。普段の仕事の中では今こなさねばならない仕事が忙しく覚える時間がない。

そのため、一週間のうち一日ある休みの日に、よく来ていただく、大企業や官公庁などを訪問します。交通費も自腹で行ったのでお金がなく、奥さんにお弁当を作ってもらい
いつ出てくるかわからない社長や役員を入り口の脇でじっと見ていたそうです。

最初は怪しまれ注意されたそうですが、名刺をつくり、説明したところ逆に有名になり話題となって相手先の社長にまで覚えてもらうようになったそうです。

一年間かけて、覚えた相手は2000名。そして車の種類、会社の名前役職、運転手さんも覚えたので、8000項目覚えたそうです。

またある時は皿洗いの仕事をして、社長や知事さんやVIPの食事の好みをメモして、それぞれのお客様の情報を集めると、ますますお客様から信頼されるようになり、名指しで連絡が入るようになり、ホテルのそとまわりの営業の平均売上額が8000万だったのが、内勤にも関わらず4億の売上を上げるまでになったそうです。

何か自分にとって一番たりない、でも最も大切なことを教えてもらいました。


クリックすると元のサイズで表示します
コブシの花が満開です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ