感謝する心  

以前ある方から頂いた本を今読み直しています。

その本は松下幸之助さんの書かれた「人生心得帖」です。

ただ読むだけでは、あまり意味がないので、誠に勝手ながら5回に渡って、この日記に感想を書かせて頂きます。

幸之助さんが、体調を崩し、精神的に疲れをおぼえ、気持ちがはればれしなかった時があったそうです。

その話をある友人にしたら、「それは、君、憂鬱病だよ」と言われたそうです。

びっくりしたものの、あるいはそうかもしれないと、「原因はどこにあるのか」と尋ねると、

「君は喜びを知らないいんだ。もののありがたさを知らないだ。ぼくはそう思う。今の君の境遇は僕からみればきわめて恵まれている。けれども君は、それをそう恵まれた結構なことだとは考えていないようだ。そればかりか君自身が生きていくために欠かすことができないもの、たとえば空気といったものが、こうしてふんだんに与えられているということさえもありがたいとは感じていないと思う。だからそのようなさみしさに陥るのだよ。もしそのことに気付いて、ああ、ありがたいという気持ちになれば、この世は非常に楽しいものだということになって、少しぐらい心を煩わすような問題が起こっても、勇気凛々ということになると思うんだがね」

毎日忙しい日が続くと、ついつい自分の気持ちがマイナスになっていたり、弱気になっていても、気付かなくなります。

自分の気持ちの状態より、自分の環境ばかり気になり、難しい問題に捕らわれたり、起こりもしない未来に不安を持ったり、心配性になっている自分がいます。

また、昨日まで元気だったのに、どうも今日は気持ちが乗らないとか、気持ちは気まぐれです。

そう思うと、原因は何か考えてみると、やはりここのある通り、まず自分の心に感謝の気持ちがあるか、チェックしてみるのが、良いのかもしれません。

いろんないいことがあっても、慢心してもっと良くならないかと、現状に満足しない。不幸だと、なんで自分だけこんな目に会うのかと、他人や環境、運命のせいにしてしまう。

結局知らず知らずのうちに、感謝欠乏症という心の病にとりつかれていて、自分がその病にかかっていることすら、気付かないのではないでしょうか。

以前ある本を読んでいてこんな話がありました。

寝床に入って、自分が恵まれていると思うことを10個頭に浮かべる。

頭に思いつくのと、考えるの違います。

がんばって面倒くさがらず、頭をいいほうに考える努力をする。

大切なことなのでしょう。

でも、人間三日坊主。

そうすると、憂鬱病にあともどりなのかもしれません。

最後に幸之助さんもこの話をこう結んでいます。

「お互いに不安や怒りで心が暗くなった時、感謝の気持ちを忘れていないか、自問自答してみる。そのことも、人生を生きる大切な心得のひとつとい得るではないでしょうか」
















0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ