« 桜 | Main | 23年間 »
思い込み  

車を運転中、スポーツ店の脇に大きなポスターが張ってありました。

良く見ると、サッカーイングランド代表の試合前の記念撮影。

誰もが知る、ベッカムもいます。

ふとその時、本人は日本代表の名前を結構知っていますが、他の国で出たら、どれだけ知られているのでしょう。

ブラジルやイングランド、フランス、イタリアなどの国なら、日本人のプロ野球のように、ひとりひとりの名前まで知っている人はたくさん世界中にいるでしょう。

ドイツワールドカップブームで、日本代表の選手はプロ野球パリーグの選手よりはるかに知名度があがったので、なんとなくすごい有名になった気がします。

でも、今の日本のレベルでは、世界に出たらどれくらいの地名度なのでしょうか。

普段なんとなく、同じ仕事を続け、ある程度仕事ができるようになると、自分のポジションや実力を過大評価してしまうのかもしれません。

でも実際は、もっと広い世界があり、もっとすごい人たちが、存在する。

それを時々思い出さなくてはいけないかもしれません。

常に考えていると、劣等感を感じて何もできなくなりますが、ふと気づいて、もっと貪欲にいろんなことを吸収しよう、やったことがないことにも挑戦しよう。そう思うことって大切ですよね。


話は変わってロウバイの話。

先日、お客様からロウバイの枝を頂いて生けた話をしました。

後日談があり、それを事務所でたまたま見た、我が家の父親が憤慨したのです。

私が直接叱られたのではありません。

家族に、「けしからん、あいつは、我が家のロウバイをあんなに切っていった。」と話したのを、又聞きしたのです。

我が家にも昨年植えた、ロウバイがあります。

それを私が勝手に切って行ったと思ったのです。

我が家のロウバイは今年はあまり花が咲かなかったので、そう思ったのでしょう。

自分の花は立派できれい。そう思いたくなるもの。

これも思い込みかもしれません。

自分がかわいいのは、誰も同じなんですね。


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ