« 耳が | Main | 昔話 »
早起き  

「お父さん、明日早く起こして。」

いつも5時半ころ起きるので、長男や次男は宿題が終わらない場合、私に頼みにくる。


次男なんかは、熟睡中にも関わらず、私の体を揺らして

「お父さん、明日5時に起こして」とわざわざ目を覚まさせる程、度胸がある。


「お父さんはめざまし時計じゃない。」

と起こりながらも、目が覚めるとさびしがりやで、とっても暇なので起こしてあげます。

かわいいもので、今朝もすぐ起きてちゃんと勉強していました。

私も同じ座卓で、昨日の日報を書きながら一緒に仕事をし、終わると読書。


子供達は最近「お父さん何読んでるの?」と聞くので、まじめな本を読むようにしています。

結構子供ってよく見ていますよね。本棚に並んでいる題名や著者って、尊敬されるか、されないかのポイントかも知れません。

趣味の本だけではちょっとつらいですね。


今朝は、平成の元号を考えたことで有名な先哲、安岡正篤さんの本を読みました。
(いつもは小説が多いのですが、・・・)



こんなことが書いてありました。

人間は、状況によって読む本が変わる。

それは、その人がどんな人かより、環境によって変わると、述べています。


戦争中でも、優勢な頃の歓楽地の多い上海や南京では、雑誌や気楽な本を読み堕落する。


しかし、戦場に行くと、宗教書、論語などの古典や哲学などを読むようになる。


人間は真剣になると、初めて本物がでる。


棒ベンチャー企業のHさんも拘留中は山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」というとても、重いテーマの本を読んでいたと新聞に載っていました。

この人は本物かどうか疑問ですが。


また次のようなことも書かれています。

人は反映の中では堕落する。

先ほどの読書の話もそうですが、

子供の育て方についてこう書いています。

「植物でも、あまり花を咲かせたり、実をならせ過ぎると、木が弱くなって、

翌年の時季にはすっかりダメになる。

本当に木を長持ちさせて、立派な花をつけさせ、実を成らせようと思えば、間引かねば

ならない。

子孫のことを思うなら、あの人にしては気の毒だと思うくらいのところで

止めておくのが一番いい。」



今虐待問題が世をにぎわせています。

いつだったか、お医者さんの子供が、義理の母を殺害して、家を燃やした事件もありました。

結局は本当の意味で、自立の気持ちを早く持たせることが、親の務めではないか。

そう思いながら、子供の脇で本を読んでいました。





















0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ