トランプ  

昨晩ひさしぶりに子供達をトランプをしました。

最近のブームは年号カルタでした。

日本史年号の覚え方を読み上げ、年号とイラストの入ったカードを取ります。

三男は、日本史をまだ勉強していないのに、イラストで覚えていたり、得意なカードを

作って健闘しますが、この勝負は次男がいつも圧勝。

中2の長男にも勝つのは、彼の持つ俊敏性もあります。


昨晩も次男の2連勝の後、たまには他の兄弟に勝たせようと、トランプの大貧民をしました。

さすがにその時は、長男が連勝。

次男は、いつもの俊敏性と勢いで、最初にいいカードを使い切って連敗です。

普段年号カードで自慢しているので、いい経験です。

私は大人の浅知恵で、ついつい作戦を考えていいカードを取っておき、パスを繰り返し気がつくと、最下位でした。



さて、ある禅問答の話。

あるお寺で、雨が降ってきて天井から雨もりし始めました。

名だたる僧が、弟子達に向かって、床が濡れないように、しずくを受けるものを持って来くるように命じました。

その中のある弟子が、なぜかザルを持って来たにも関わらず、褒められたそうです。


褒められた理由はいろいろあるようですが、


人が生きているうちには、予想外の出来事に遭遇し、その場で判断しないといけない、ケースがある。

あれこれ考え、完璧を期して、行動しないより、その場で最善の行動をする大切さを教えているようです。


おそらく、他の弟子たちのうち、早く見つけたものが、タライやおわんを持って行ったのでしょう。その中で、水がもれるザルでも持っていった、修行僧の対応の仕方を取り上げたのでしょう。


ついつい100%でないといけないと、時間を掛けすぎ、行動が遅れてしまうことがあります。


風の大地というゴルフ漫画があります。



ピンチに陥った時、主人公は先輩のアドバイスを思い出します。

結果に捕らわれすぎると、逆に自分が結果に支配されてしまう。

自分らしいプレーができなくなる。結果を恐れるな。


スープつくりで有名な辰巳芳子さんも

「どんな丁寧につくってもタイミングがあわなければ意味がない」


ある有名な経営者も

即時解決の大切さを説きます。

後まわし→「あれもやらきゃ」「これもやってない」懸案事項ばかり

→スケジュール調整不可→仕事がたまっていくばかり

つまり 「あとで」と思ったことは「できない」とおなじこと。

だそうです。


教育者の森信三先生は、手紙を書く大切さを説かれています。

とにかく、80%の出来でもかまわずすぐ書くこと。

機を逃すと、書かないで終わる。

ならば、80%の出来でも、書いた方がいい。


ついつい、スランプの時とか、考えすぎていることってありますよね。

そんな時こそ、結果を恐れず、まずはやってみる

というクセづけも解決への糸口かもしれません。
























0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ