年号ゲーム  

今我が家で人気のゲームがります。

「年号カルタ」

日本史の重要な年号を読み上げ、当てはまるカードをとっていきます。

「794年 なくようぐいす平安京。」など懐かしいですよね。

さて中2、小6、小3の三兄弟で競うのですが、だれが一番強いと思います?


それが次男なんです。

何回もやっているので、歴史に詳しいかはあまり関係ありません。

俊敏性、好きなカード、得意なカードの方が重要です。

ゲームで戦国時代がブームなので、関が原カードはもう大人気。

昭和時代のカードなど誰がとろうと、シーンとしているのに、

このカードが出たら、「悔しい、兄ちゃんが邪魔した、読み方がおかしい」など大騒ぎになり、混乱が収まるのに時間がかかります。

私も、「ホーホケキョ」 (794年、平安京遷都)
   「なむまいだ」  (538年、仏教伝来)
   「超人気カードです」 (関が原の合戦)

などアドリブでやるものだから、騒ぎが益々大きくなるのです。

でも長男も負けても、おだやかな子で、「またやりたい。」と言います。

また三男も歴史など小学校でまだ習っていもいないのに、絵で覚えたりして楽しんでいるようです。



子供たちが大きくなったら、きっと懐かしく思い出すことでしょう。

(私は負けてしまうので、参加しないのは子供に内緒です)


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ