ありがとう  

前回この日記でパニックっている。と書かせていただいたら、友人が訪ねてくれて、励ましてくれました。

読んで頂いてありがとうございます。

また心配してくれてありがとう。

ところで、

「ありがとう。」この大切な言葉がいろんな意味で今見直されていると思うんです。

もちろん、今までも教育で子供に、「お礼を言いなさい。」とマナーとして、教えられてきました。

また人付き合いでも、あの人こんなことしたのに、ありがとうの一言もない。など常識としても使われてきました。

でも、教育や常識としてではなく、もっと人として、人と人として幸せに生きる。そういう意味で、社会全体がその言葉に敏感になって来た。そう感じるのです。

今朝も目覚ましテレビを見たら、今までの明るく元気路線から、ありがとう感謝路線で、音楽まで変わっていました。

人はなぜ「ありがとう」という言葉を使えないのでしょうか。


悪いことがあったら当然「ありがとう」と言う人はいない。
でも良いことがあって「ありがとう」という位運のいいことがあっても、人はもっと上をのぞみ、「ありがとう」といえない。

だから、普段から悪いことがあっても、良いことがあっても、「ありがとう」と理由は後づけにしても、「ありがとう」と言うクセをつけると、幸せになる。と言います。

「少女パレアナ」という小説をご存知ですか?

昔テレビで少女パレアンナ」という番組があったのですが、その原作です。

主人公は父と母をなくし、母の姉妹の家に引き取られます。もともと母は駆け落ちして、故郷を出て行った人でした。その上そのおばさんはとても性格がわるく、とんでもないイジメに会います。

その中で、パレアナは一人でゲームを考えます。良いことを見つけるゲームです。

たとえば、慈善団体から誕生日に、人形が欲しいと言ったのに、間違えて
松葉ずえが送られてきました。

でもパレアナは「誰が骨折した人が治ったんだわ。」と良いことを見つけだすのです。

そのゲームがまわりの人に影響を与え、町中が明るくなる話です。

「ありがとう」もうれしいことがないから、言わないでのなく、ありがとうと言えることを探す出す。

そうすればきっと運がよくなるんだろな。

そう思う最近です。

いつも読んで頂いて

ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
アジアンタム
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ