魔法の言葉  

知人の方から一冊の講演録を頂きました。

本って見た目や厚みではわかりません。

自分で選んで買った本は、興味ともったいない、の理由ですぐ読みますが、頂いた本は映画の出だしと同じで、読み出すまで時間がかかってしまいます。

頂いてからしばらくたって、東京に出張の時電車の中で読んでいたのですが、もうすっかり引き込まれ、最後の方では感動でいっぱいでした。

私もその本を頂いたので、何冊か購入し知人に差し上げるようにしています。

この間も、差し上げた人から、「良かった。涙が出た。良かったので他の人に差し上げた。」等大反響を頂きました。

話の内容は、ある日本人の方が、イスラエルに旅行に行き、あるおばあさんに出会い、そこから運命が変わる。そんな粗筋ですが、そのおばあさんから教わったツキがよくなる簡単な方法を教えてくれます。

「ありがとう」「感謝します」の言葉をどう使っていけば、ツキがよくなるか、おばあさんから、教わった方法を丁寧に説明してあり、その結果自分がどうなったか、どういう現象がおこったか、具体的に書いてあります。

私ももう読みながら感動しっぱなしで、今でも時々開いては大切なところを読み直しています。

ひとつの出会い、一冊の本によって運命は大きく変わります。

確かめもしないで、見過ごすと大きなチャンスを逃すことになるので、一期一会で毎日全力で生きていきたいですね。

*後日談

この本をある人に貸したところ、なかなか戻ってきませんでした。

読みたいな、と思っていたら、その当日別の知人から封筒が届きました。

あけてみると、なんと全く同じ本が入っているのです。

「大変良い本なので、読んでみてください」とメモが添えられていました。

びっくりしました。

思いはかなう。そしてきっと読むべきして、読む本だったのですね。


書名 「ツキを呼ぶ魔法の言葉」 作者 五日市剛さん


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ