佐野川くんのやぐら日和

某やぐらサイト管理人のブログ 〜 「阪南市の祭・やぐら」管理人がお送りする、泉州地域全51台のやぐらについてのブログです。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
んんーー、難しい問題ですねぇ〜。 (^^ゞ
でもとりあえずは先々代としておきます。
また追って研究したいと思います。
投稿者:半田
新町やぐらの疑問?
現在のやぐらは平成元年新調。
先代のやぐらは大正七年新調。
先々代のやぐらは、3台の内の1台を曳いてたとすると深日に嫁いだやぐらは、三先代(先々々代)になりませんか?

新町(新村)で1〜2年しか曳かなかったやぐらが、深日に来たのは明治後期頃と深日の人に聞きました。
先代の新調は大正七年…先々代は明治期に新調したとしても先代を新調する大正六年?までは曳いてたはずですよね?
すると深日へ行ったんは三先代前のやぐらになる?
じゃあ先々代のやぐらはどうなったんでしょうか?
謎が謎を呼びます汗



http://pksp.jp/20050714/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ