2012/10/31  19:30

日本初の「4G」サービスである「WiMAX Release2.1」をUQコミュニケーションズが提供へ!  IT・モバイルニュース全般

本日、WiMAXでお馴染みのUQコミュニケーションズが、次世代通信サービスとして「WiMAX Release2.1」を導入予定であることを発表しました。

「WiMAX Release2.1」はWiMAXの業界団体であるWiMAX Forumが昨日発表したWiMAXの次世代規格です。
もともとUQは「WiMAX 2」という規格を次世代規格として採用する予定でしたが、海外でWiMAXを提供する通信キャリアがWiMAX 2ではなくTD-LTEを採用する事態となってしまいました。

それを受け、WiMAX ForumがTD-LTEとも互換性のある「WiMAX 2.1」を発表し、UQがこの規格を採用するという形になりました。
今までのWiMAXや国際標準のTD-LTEと互換性があり、スマートフォンやデータ通信端末の調達を安くすることができ、グローバル端末の導入も可能となります。

そして、日本初の本当の「4G」サービスとなりそうです。
通信規格を策定する国際電気通信連合(ITU)は、第4世代通信(4G)を「LTE-Advanced」と「WiMAX 2」としています。
しかし、LTEを4Gとして宣伝する通信キャリアが増えたため、一応4Gって表記していいよってことになっていますが、LTEは実は3.9G規格です。
WiMAX 2の拡張版であるWiMAX 2.1は完全な4Gとなり、日本でサービスインする際は初の4Gサービスとなります。

今のところ、サービス開始時期や速度、制限の有無等は分かりませんが、TD-LTE互換ということで一番いい形になったのかなと思います。

URL↓
http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201210311.html
0
タグ: UQ WiMAX 4G



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ