2014/9/7  23:30

auの3Gスマートフォン(iPhone 4S含む)でカケホとデジラを利用すると月々の料金が割高になります。  IT・モバイルニュース全般

今夏、携帯大手3社が新しい料金プランを発表しました。
主なポイントとしてはほぼ全ての通話が定額制になることと、データ通信の容量をグループで分け合えるというものです。

新しい料金プランは、ドコモが今春に発表し、ソフトバンクとauが追随した形となっています。
この料金プランはLTEに対応するスマホも、3Gのみ対応のスマホでも、携帯電話(フィーチャーフォン)でも利用することができます。
加えてソフトバンクはタブレットでも、ドコモはタブレット・データ通信機器・フォトフレームなどのデバイスも新料金プランで使用することができます。

auは3番目に「カケホとデジラ」という名称で新料金プランを発表しました。
ポイントは「通話定額」と「細かく選べるデータ通信容量」です。
通話定額に関してはドコモ・ソフトバンクと同じですが、データ通信については2GB・3GB・5GB・8GBなど利用できる容量を細かく選ぶことができます。(他社は2GB・5GB等)

ほぼ同じに見える新料金プランですが、3Gスマホについては大きく異なります。
ドコモ・ソフトバンクは4Gスマホと同様、データ通信の容量を2GB、5GB等から選ぶことができます。
しかし、auの場合は3500円〜5700円という2段階定額制となっています。
パケット単価は0.08円となっていて、少しでも通信を行うと4000円、5000円となり、多く使う人は5700円となります。
ドコモ・ソフトバンクとは違い、5700円を払えば通信量に関係なく速い速度で通信が可能(帯域制限を除いて)ですが、2段階定額制ということで料金が分かりづらい、割高になる場合もあるという点もあります。

auで3Gスマホ(iPhone 4S含む)をご利用の方は注意しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

URL↓
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/basic-charge/kakehodai-plan-fp-data/
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ