つぼみちゃん

つぼみちゃんの写真集

 
庭の植物や動物を眺めながら憩いのひとときを...。
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tsubomi
解釈までいただきありがとうございます。
wakatakeは別なサイトのネームです。
そっちを見ていたので,そのままのネームになってしまいました。失礼しました。

http://happy.ap.teacup.com/tsubomi/
投稿者:おじょうさま
wakatakeさま

見渡すと、美しいとされている春の桜も秋の紅葉もない。ただ、海辺の苫葺の小屋があるだけの秋の夕暮れのこの寂しい景色よ。

これは検索して貼り付けておきましたものです。
ちなみに苫とは萱を荒く編んだむしろです。これを屋根にかけて雨露をしのいだのでしょう。
秋の夕暮れを詠んだものとしてこの三夕(アリスさん!「さんせき」ですよ)は有名ですが、どの歌も暗くて寂しくて、私はあまり好きな歌ではありません。

ところで改名でしょうか。
投稿者:おじょうさま
そうです、国文です。
だって理数科はもちろんダメだし、英語なんてとんでもないし、家庭科なんて母親に縫ってもらったものを提出ていたし、調理はお皿洗い専門だったし。結局残ったものは「話せる」日本語だけだったから・・・

投稿者:アリス
深いですね。この夕暮れ。
実に深い・・・。
じっと見ているとますます引き込まれます。

そういえば!
おじょうさまは、
国文科卒でしたっけ?
投稿者:wakatake
『三夕』その3をありがとうございます。
できれば,この歌の意味も添えていただければ,なおじっくりと味わうことができるのですが,不勉強のため,いまいち分かりません。

おじょうさまは本当に感性が豊かですね。一枚の写真から,それだけのことを感じ取ることができるのですから。
写真を撮るときに,その感性で被写体を写し取ると,きっとすばらしい写真が撮れると思います。
投稿者:おじょうさま
必ずもう一度夕景の写真があると信じていました。忘れずにいてくれてうれしいです。

『三夕』より その3

見渡せば 花ももみじも なかりけり
    浦の苫屋の 秋の夕暮れ
              藤原 定家

秋もだいぶ深まってきましたね。
雲もすっかり、秋の雲ですし。
私にはこの雲はおもしろいというより、怖いように感じます。
台風の後の帰宅時の「嵐が丘」のような夕焼けの写真も、意味ありげでしたね。
・・・そういう意味では、ただの雲や夕焼けでないところがおもしろいのかもしれません。
tsubomiさんの仰るとおりです。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ツボッチョJr.

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ